ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真と旅の記憶~

【大分】ととろのバス停に行ってきた(=^・^=)

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20211007143252j:plain

ツーリング日:2021年10月7日木曜日

 

秋晴れの空が続く10月。これまであまり訪れたことのない大分県南部にツーリングに行きました。

SNS等で話題のトトロのバス停を訪れました。

 

ツーリング途中の様子をGoProで撮影(静止画)していますので、併せてご覧ください。

今回のルート

f:id:ztourer:20211020225435j:plain

今回のルートは、こんな感じです。

往路は、北九州方面から京築アグリラインを南下、大分県宇佐市から国道500号から由布岳を経由し、豊後大野市を経て佐伯市宇目のととろの森を訪れました。

復路は、竹田市から瀬の本高原を経由し、杖立、日田、小石原を経て最短ルートで北九州へ帰りました。

往復400kmのロングツーリングとなりました。

雄大な由布岳を間近に見る

f:id:ztourer:20211007204501j:plain

北九州から大分県南部までは、阿蘇経由で行くのが最短ルートなのですが、今回はちょっと寄り道しながら向かいたいと思います。

 

由布岳を目指して、木漏れ日の道を進みます。

 

f:id:ztourer:20211007204502j:plain

標高1583メートルの由布岳が真正面に迫ってきました。

f:id:ztourer:20211007115318j:plain

由布岳PAから城島(きじま)高原に向かう途中の県道にて。

迫りくる由布岳の迫力に圧倒されます。

 

f:id:ztourer:20211007115328j:plain

険しくそそり立つ由布岳に、急峻な斜面が徐々に崩落していく様子が見えます。

 

f:id:ztourer:20211007115333j:plain

10倍デジタルズームで崩落している斜面を撮影。まさに由布岳が生きているかのような様子が伺えます。

 

f:id:ztourer:20211007115356j:plain

由布岳周辺は高原が広がっており、阿蘇と併せてツーリングコースとしては超定番です。

 

f:id:ztourer:20211007204503j:plain

森の中の道をひたすら走ると、


f:id:ztourer:20211007210249j:plain

城島(きじま)高原の遊園地に至ります。

今回は入園せず、敷地外からの見学のみです。


f:id:ztourer:20211007120546j:plain城島高原と言えば、これが有名です👆。

木製のジェットコースターのジュピターです。これ、全部木材で作られています。

ミシミシと木がきしみながら疾走するコースター。乗っている人がいました。怖そーーー( ̄▽ ̄)

 

f:id:ztourer:20211007120554j:plain

この観覧車も、ゴンドラが無くて足ぶらぶらのイスだけの席があって、滞空時間の長い密かな絶叫系マシーンと言えます(笑)。

今の時期は、遊園地で遊ぶのに絶好の季節ですね。

 

道の駅のつはるにて休憩

f:id:ztourer:20211007125529j:plain

由布市から南下し、もう2時間くらい運転しているので休憩です。

 

f:id:ztourer:20211007131610j:plain

大分市にある道の駅のつはる(野津原)。最近できたばかりのようで、綺麗な施設です。

テラス席があって、ダムの湖畔を眺めることが出来ます。

物産お土産コーナーが充実していました。レジ係のスタッフのお母さんがとても明るい人で、店内は終始和やかな雰囲気に包まれていました(^^♪

 

f:id:ztourer:20211007130204j:plain

小腹が空いたので、ここの道の駅名物の『のったん焼き』を食べました。

たい焼きみたいな感じで、これはアユなのかな?

 

f:id:ztourer:20211007130223j:plain

カスタードと黒あんがあります。甘すぎず生地とバランスの取れたたい焼きって感じで、何個でも食べられそうです。美味しかったー。

 

さて、この道の駅でお弁当を買いました。ととろの森に着いたらベンチで座って食べよう。

 

f:id:ztourer:20211007133756j:plain

道の駅のつはるから山越えです。峠から豊後大野市の盆地を見下ろすことが出来ます。大分県は山が多い地形です。

ととろのバス停と、猫バス

f:id:ztourer:20211007143238j:plain

佐伯市宇目にあるととろのバス停に到着です。

SNS等で画像を見ていた通り、確かにとなりのトトロのキャラクターがありました。

確かに、映画のワンシーンのようなバス停です。

 

f:id:ztourer:20211007143252j:plain

ただし、ここは単なるオブジェではなく、ちゃんとしたバス停です。時間になれば路線バスがやってきます。

 

f:id:ztourer:20211007143304j:plain

バス停の周りの様子です。こんな感じで道端にバス停の待合室があります。

観光客用の駐車場が若干用意してあります。

 

f:id:ztourer:20211007143437j:plain

f:id:ztourer:20211007143440j:plain

よくある『なんちゃってトトロ』じゃなく、ジブリの人が描いたと思われる本物の『トトロ』。

ちなみに、僕は小さな頃にとなりのトトロの映画を見た記憶はありますが、内容は全く覚えていません。ジブリファンじゃないので、トトロについては何も分かりません(笑)。ゴメンナサイ💦

 

f:id:ztourer:20211007143504j:plain

しかし、これには閉口しましたね。

どこにでもいるんだよねー、観光地に落書きして帰る者が。

 

f:id:ztourer:20211007143602j:plain

少し先の小川を渡ったところに、猫バスのオブジェがありました。

f:id:ztourer:20211007143606j:plain

ここがととろの森だそうです。確かに、映画で見たことのあるシーンのように見えます。

 

ととろの森でお弁当を食べようと思いましたが、公園のように整備されているわけではなく、オブジェが展示してあるだけのようです。ゆっくり休憩したかったのに残念。

でも、どこかしら自分も劇中にいるような感覚に襲われるほど雰囲気のある場所でした。

皆さんも一度訪れてみる価値はありますよ。

道の駅宇目でお昼ご飯

f:id:ztourer:20211007153928j:plain

ととろの森から5分程で道の駅宇目に到着。

 

f:id:ztourer:20211007145913j:plain

ここで、先ほど立ち寄った道の駅のつはるで買ってきたお弁当を食べて休憩しようと思います。

これ、みっちゃん弁当っていう名前が付いていました。

みっちゃんって、このお弁当を作った人が後藤みち子さんなので、みっちゃん弁当なのかな?パッケージに似顔絵が描いてあり、優しいお母さんの手作り弁当のようです。

 

f:id:ztourer:20211007150945j:plain

ダム湖が見えるベンチに座って、お弁当タイムです。

 

f:id:ztourer:20211007150007j:plain

おにぎりにゆで卵、ミートボール、ウインナーなど、定番のおかずがぎっしり。

似顔絵にあるように、優しいお母さんが作った手作り弁当、何かすごくおいしかったです(*'▽')

ベンチで座って綺麗な景色を見ながら食べるお弁当。ツーリングっていうか、ハイキングしているようだし、これが楽しいんです。

 

f:id:ztourer:20211007152050j:plain

食後は、道の駅の売店でソフトクリームを食べました。もう最高ですね。楽しいです(^^♪

 

バイクで走ることだけがツーリングじゃないですよね。色んな楽しみ方がありますよね。

さて、帰りましょう(^^)v

f:id:ztourer:20211008004632j:plain

ここから北九州へ引き返して帰ろうと思いましたが、あと少し走ると宮崎県境です。

せっかくなので、一瞬だけでも宮崎県入りして帰ります(笑)。

 

f:id:ztourer:20211008004631j:plain

ここが県境です。宮崎県に入りました!

で、すぐに引き返しましたw 宮崎は、また今度時間がある時にゆっくり訪れたいと思います。

 

f:id:ztourer:20211008022951j:plain

さて、帰りは最短ルートを走ります。

竹田市から阿蘇、瀬の本高原、小石原を経て北九州方面まで一気に行きます。

走り慣れたルートです。

だんだん日が落ちてきました。

 

f:id:ztourer:20211008022950j:plain

夕方の阿蘇の空に、日が沈みます。阿蘇の夕焼け、なかなか見る機会はありません。

 

f:id:ztourer:20211008024731j:plain

夕方6時頃、瀬の本レストハウスに到着。

日も暮れてだんだん寒くなってきたので、インナーウェアを着こんで山越えに備えます。

f:id:ztourer:20211008024732j:plain

夕方の日暮れ時の瀬の本レストハウス。日中は阿蘇ツーリングにやってきたバイクの休憩ポイントとして大変賑わっているのですが、

さすがにこの時間になると、バイクは一台も止まっていません。お店もガソリンスタンドも閉まっていて誰もいません。

ガランとした瀬の本も、ある意味新鮮です。

 

f:id:ztourer:20211013194914j:plain

帰りは日が暮れて真っ暗。前走車や対向車がない状況ではハイビームを使って走ります・・・

ん?ハイビームが点灯してない?何かめっちゃ暗いんだけど、球切れかな?

(っていうか、ロービームも電球切れかけているの👆?めっちゃ暗くて全然見えん(;´・ω・))

f:id:ztourer:20211007190014j:plain

途中の道の駅おおやま(日田市)で緊急ピットイン。配線をチェックしたら、単なる接触不良でした。すぐに点灯したので良かったです。

 

ちょっと一息入れようと、ふと夜空を見上げました。

すると、うおーー、なんじゃこりゃーーー!

 

数えきれないほどの無数の星たちがちりばめられた星空が広がっていました👆。この画像を見てください!ナイトモードで撮りました。

この無数の星たちがわかりますか?画面の輝度を最高にしたら分かりやすいかも。

 

あまりにも星の数が多すぎて、どれが何の星座の星なのか全く分かりません!こんなに綺麗な夜空は見たことがありません⭐

 

ここは、大分県日田市大山町。空気が澄んでいて、遮る物もない夜空に浮かぶ星たちに包まれます。いいなあ、日田の人は毎日こんな夜空を見れるなんて。

北九州でこんなに綺麗に星は見れません!しばし星降る夜空に感動していました⭐

下ばかり見てちゃいけませんね(*^^*)

 

f:id:ztourer:20211013194911j:plain

ハイビームも直ったし、出発。しかし、まだまだ自宅は遠い。ハイビーム活用で安全運転。

 

f:id:ztourer:20211007210813j:plain

ということで、無事に帰宅しました。

走行距離は401km、燃費は25km/lでした。色々な感動とやさしさに包まれたツーリングでした。