ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真と旅の記憶~

【山口、島根】GoProテスト撮影ツーリング

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20210928163404j:plain

ツーリング日:2021年9月28日火曜日

 

前回ブログでお話したとおり、GoProを購入しました。

 

今回は、GoProのマウントテストを兼ねてツーリングに行ってきました。

 

当初は、島根県の出雲大社に行くつもりでしたが、遠すぎて日帰りではちょっと無理だったので、途中の島根県益田市で引き返してきました(;´・ω・)

 

f:id:ztourer:20211008233505j:plain

2021年9月28日火曜日、ツーリング行程

 

 

GoProマウント方法いろいろ

ハンドルガードマウントテスト


f:id:ztourer:20210928125310j:plain

取り付けた車種は、TMAX。ハンドルガードにクリップで取り付けました。

 

f:id:ztourer:20210928125244j:plain

車体の一部が映ることで臨場感がある映像が撮れそうです。


f:id:ztourer:20210928095415j:plain

早速、走ってみました。おお、なんという臨場感!やっぱGoProすげー!!!

ミラーのステーが邪魔ですが、スピードメーターも見えるし、まるで助手席に座っているみたい。

ここは、山口県道33号線です。山間の風景の中を走る快走路です。


f:id:ztourer:20210928095417j:plain

山口県の風景と言えば、これですね↑。

県道の黄色いガードレール(山口県の特産の夏みかんの色を表しているそうです)と、茶色い長州瓦の集落。

この風景を見ると、本州に来たなぁ、山口に来たなぁって思います。

 

f:id:ztourer:20210928095413j:plain

途中、栗の直売所に行列が出来ていました。季節は秋ですね。フルーツが美味しい季節です。

f:id:ztourer:20210928102010j:plain

並木道を快走。

並木道を走ります。運転していても気持ちいいですが、こうやって映像を見ると、もっと気持ちが良い道だと分かりますね。

 

ハンドルマウントであれば、録画したい場面で録画ボタンをすぐに押すことが出来るので手軽です。

しかし、ハンドルを大きく切った場合はスクリーンに干渉してしまうため、最悪の場合転倒のリスクあり。

 

チェスト(胸部)マウントテスト

f:id:ztourer:20210928125043j:plain

胸部プロテクターにクリップで留めて撮影してみました。

f:id:ztourer:20210928110259j:plain

胸部プロテクターに取り付けてみると、まるで運転しているかのような臨場感のある映像が撮れました。

やっぱGoProすげー!!!(感動)

f:id:ztourer:20210928110257j:plain

無料の高速道路(小郡萩道路)のトンネルにて。走りやすい道です。

田舎の方に行くと、このような無料の高速があってうらやましいです。

 

f:id:ztourer:20210928110258j:plain

終点から一般道を通って萩市方面へ向かいます。

 

チェストマウントでは、若干の風切り音が入る以外は問題なく、非常に臨場感のある映像が撮れました。

ポケットにモバイルバッテリーを入れて繋いでおけば、長時間の撮影も行けそうです。

 

GoProでツーリングの様子をライブ中継しているみたい?

萩市内にて

f:id:ztourer:20210928112037j:plain

長いトンネルを抜けると、萩市内に入ります。

 

f:id:ztourer:20210928112038j:plain

萩と言えば、吉田松陰をはじめとする幕末や明治維新の舞台となった場所で、全国的に有名な観光地です。

この風景を見て、何か気付きませんか?

 

f:id:ztourer:20210928112039j:plain

萩市の空がめちゃくちゃ広く感じませんか❓(曇っているのが残念)

 

そう、電柱と電線が全然ないんです!

 

街に電柱と電線が無いと、こんなに空が広く感じるとは…(*'▽')

これは非常に開放感があって感動しました。

 

それに、スシローをはじめ、ユニクロ、エネオス、ドコモ等、市内の多くのショップの看板や建物が、景観に合わせるようにトーンを抑えたカラーになっています。

 

f:id:ztourer:20210928112040j:plain

萩市内を抜けると、道は一気にツーリングシーンのハイライトを迎えます。

国道191号線シーサイドクルーズ

f:id:ztourer:20210928120847j:plain

萩市~益田市間の国道191号線は、このように海岸沿いを走る区間が多く、ツーリングのハイライトシーンです。運転してて気持ちいいです。

うーん、もう少し天気が良ければ最高だったのになぁ(>_<)

 

f:id:ztourer:20210928120846j:plain

日本海側の小さな街を抜けて、ツーリングは続きます。

 

f:id:ztourer:20210928120848j:plain

左に見えるのが、道の駅阿武町。全国津々浦々にある道の駅の第一号駅です。

現在、リニューアル工事が進んでいました。

 

f:id:ztourer:20210928123434j:plain

海岸沿いから山間部に入り、登坂車線で速い車が抜いて行きます。

どうぞお先に。速く走ることに興味はないので。

今日は楽しいツーリング。時間はたっぷりあります(^^)♪

 

f:id:ztourer:20210928112041j:plain

長いトンネルを抜けると、、、

 

f:id:ztourer:20210928124218j:plain

島根県に入りました!島根県益田市です。2年前に訪れたことがあります。

 

www.xperia.life

その時の記事です👆 併せてご覧ください。

 

島根県益田市蟠竜湖にて

f:id:ztourer:20210928125720j:plain

益田市の蟠竜湖公園にやってきました。2年前のツーリング時も立ち寄ったことがあります。

スワンボート等で湖を散策できます。やってみようと思っていましたが、今日は湖畔のお店が定休日でした。

 

それでも、蟠竜湖公園には入れ替わり立ち替わり人がやって来て、いつでも益田市民の憩いの場なんだなって思いました。

 

 

 

f:id:ztourer:20210928133709j:plain

ちょうどお昼時でおなかがすいたので、島根県に来たのに何故かマック(笑)。マクドナルド益田店に行きました。

だって、月見バーガー食べたかったんです(笑)。

 

f:id:ztourer:20210928133820j:plain

月見バーガーを食べながら、次のルートを確認します。

出雲大社まで約半分まで来ました。あと一時間ほど走って浜田市まで行ってみようと思いましたが、時間的にそろそろ引き返さないといけません。

 

出雲大社は、日帰りではちょっと無理でした( ̄▽ ̄)

一泊二日じゃないと、九州からでは遠いです。

 

津和野ー下関ー北九州へ帰還

f:id:ztourer:20210928161930j:plain

帰りは、国道9号を通って内陸寄りを走ります。

山口県内は、本当に走りやすい道が多くて、ツーリングが楽しい(^^)v

 

f:id:ztourer:20210928154545j:plain

一時間ほど走って、道の駅願成就温泉に着きました。温泉施設もある小さな道の駅です。2年前に立ち寄ったことがあります。

上にカラス君がとまって、カァーカァー言っていました(笑)。

 

f:id:ztourer:20210928154524j:plain

ツーリングで走りっぱなしで疲れたので、温泉に入って行こうかと思いました。

 

ここ願成就温泉には2年前に入りましたが、ここの温泉は露天風呂が広く、ちょっと深めの湯船に少しぬるめの湯で、長く入れて疲れが取れるのでお気に入りです。

 

ただ、新型コロナの緊急事態宣言も出ている中なので、今回は我慢して入りませんでした(>_<)

いつかまた温泉に入りに来たいと思います。

 

www.xperia.life

2年前の2019年に訪れた時の記事もご覧ください👆

 

f:id:ztourer:20210928163404j:plain

国道9号、国道2号で九州を目指して走ります。

 

f:id:ztourer:20210928180331j:plain

2時間ほど走って、山陽小野田市のドライブインみちしおで休憩です。貝汁定食が有名なドライブインで、本州方面へのツーリングでは定番の休憩ポイントです。

 

抹茶ラテで一息入れて出発です。九州はもうすぐです。

 

f:id:ztourer:20210928190326j:plain

下関インターから関門橋を通って九州へ。

夜の関門橋は、画像のように神秘的な風景でした。

 

f:id:ztourer:20210928190327j:plain

都市高速を通って、もうすぐ自宅です。

今回の走行距離は、約400km。燃費は約25km/lでした。

GoProがあると、まるでツーリングの気分さえもブログに伝わるようです。