ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

【宮崎】九州のど真ん中!上椎葉ダムツーリング

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20210606143821j:plain

ツーリング日:2021年6月6日(日曜日)

 

梅雨の中休みが続く中、ちょっと遠くへツーリングに行きました。

今回は、宮崎県の山深くにある椎葉村へ行きました。

 

宮崎県にツーリングに行くのは約3年ぶりです。

これまで、日向、宮崎市内、日南方面といった海岸沿いには行ったことがありますが、

宮崎の内陸部は初めてです。

 

今回も、3密を避ける、人の集まる場所には行かない、可能な限り人との接触はしないことを条件に、ツーリングに出かけました。

 

 

f:id:ztourer:20210606111859j:plain

北九州から真っ直ぐに南下していきます。

ここは、大観峰近くの国道212号線。今回のツーリングは南九州なので、阿蘇に立ち寄らずに通過します。

 

阿蘇方面へ向かう道路は、多くのツーリングライダーとすれ違いました。

追い越し禁止場所で、遅い四輪車を追い越していくバイクが何台もいましたが、

バイク乗りの品位を落とすような行為はやめていただきたい。

 

f:id:ztourer:20210606112542j:plain

大観峰から下る途中のパーキングで少し休憩です。

せっかくなので、阿蘇の風景を楽しみながら行きたいと思います。

 

f:id:ztourer:20210606112511j:plain

阿蘇五岳が良く見えます。今日はあいにくの曇り空でしたが、太陽が出ていないので気温も上がらず、27℃くらいで過ごしやすい気候でした。

ただ、カメラマン的には、太陽が出ている青空の方が良い写真が撮れるのでいいんですけどね(^-^;

 

f:id:ztourer:20210606112417j:plain

少しずつ田んぼに水が張られて田植えの季節になっていました。

田んぼに映える青空と阿蘇の風景も綺麗です。

 

f:id:ztourer:20210606113709j:plain

麓に下りて、真っ直ぐの道をひたすら走ります。

真っ直ぐの道に、阿蘇五岳阿蘇ならではの風景ですね。

 

f:id:ztourer:20210606115343j:plain

途中、熊本地震の残した爪痕と、復旧された箇所がありました。

地震で崩落した斜面は、砂防ダムのような物が建設され、国道57号線は北側復旧ルートとしてバイパスが完成していました。

5年前の大災害は、着々と復興しています。

 

f:id:ztourer:20210606120831j:plain

こちらは、南阿蘇鉄道の不通区間です。

熊本地震で被害に遭い、立野駅中松駅間は現在も復旧していません。

さびていく鉄路が、時間の流れを刻みます。

 

f:id:ztourer:20210606120954j:plain

旅行誌やツーリング誌に乗っている写真とは一味違った阿蘇の風景を求めて南阿蘇を走っていると、

こんなボロボロの朽ち果てた赤い鉄橋を発見しました。

 

f:id:ztourer:20210606121021j:plain

手すりや鉄骨がサビてボロボロ。触ると剥がれかけたサビと塗料がボロボロと取れてしまいます。

これ、大丈夫なの???今にも崩落しそうな感じで怖いですね。

 

f:id:ztourer:20210606121647j:plain

しばらく走っていると、水を張った田んぼに映る逆さの阿蘇の風景を収めることが出来ました。(晴れていたら最高だったんだけどなぁ。)

 

旅行ガイド誌にも載っていないような、誰も知らない風景を探すのが僕の旅の楽しみ方です。

 

f:id:ztourer:20210606124952j:plain

途中でトイレに行きたくなり、南阿蘇鉄道のとある駅に立ち寄りました。見晴台駅です。

 

すると、駐車場には多くの人が。次々とやってくる車、バイク。

何か臨時列車でも走ってくるのかな?

トイレをお借りして、午後の紅茶しか売っていない自販機で、レモンティーを飲んで出発しました。

 

自宅に帰って調べてみて分かったのですが、どうやらこの駅は、キリンの午後の紅茶のCMが撮影された駅だったそうです。

 

f:id:ztourer:20210606132628j:plain

今日の目的地は、阿蘇のまだ先。阿蘇を後にし、さらに南下して行きます。

 

ここは、『九州のへそ』と言われる熊本県山都町。確かに、地図上ではちょうど九州の中心のような感じ。

 

その『九州のへそ』のモニュメント近くにあるパーキングで休憩しました。

ここは、公衆トイレと自販機があるだけのパーキングですが、南九州方面へツーリングする際の休憩ポイントとしてちょうどいい位置にあっておすすめです。

 

f:id:ztourer:20210606133250j:plain

さて、いよいよ宮崎県に入ります。

今まで宮崎県には何度も行ったことがありますが、こんなに山深くから宮崎入りするのは初めてです。

 

f:id:ztourer:20210606134838j:plain

全長2770メートルの国見トンネルを抜けます。トンネル内は肌寒いです。

 

f:id:ztourer:20210606135104j:plain

ここは、九州のど真ん中を走る国道265号線

そこに道があるから、ひたすら走るだけ。なのに、何故か楽しい。ツーリングしてるなって感じがします。

 

f:id:ztourer:20210606143821j:plain

九州山地をひたすら南下し、目的地の上椎葉ダムに到着しました。

緑の湖面が美しく映える大きなダム湖です。

 

f:id:ztourer:20210606144150j:plain

公園にはトイレとベンチがあって、ゆっくりと過ごすことが出来ます。

他にも、オフロードバイク2台のカップルもやってきました。

バイクでデートも楽しいでしょうねー。

 

f:id:ztourer:20210606144232j:plain

ベンチの前にバイクを停めて、遅いお昼ご飯です。

 

f:id:ztourer:20210606142031j:plain

途中のコンビニで買ってきたサンドイッチとおにぎりで、遅い昼食です。

最近の僕の定番のおにぎりとサンドイッチ(笑)。ツーリング先で食べるコンビニご飯は、とても美味しいです。

ここでコーヒーを沸かして飲んだら美味しいだろうなぁ。

 

さっき見たオフロードバイク2台のカップルも、ベンチでコンビニのお弁当を食べていました。

みなさん、密を避けるために色々と工夫しながらツーリングされていますね。

これが、コロナの時代の新しいツーリング様式ですね。

 

 

f:id:ztourer:20210606143838j:plain

美しくカーブを描く上椎葉ダム。高低差も大きく、巨大なダムです。

 

f:id:ztourer:20210606143243j:plain

Googleのフォトアプリが、モノクロで画像を編集してくれました。昭和30年完成の古いダムです。

 

f:id:ztourer:20210606143612j:plain

金の女神像のある慰霊碑がありました。

この上椎葉ダム建設で、105人もの殉職者が出たそうです。

多くの方の働きと犠牲により完成し、このダムで発電された電力は、遠く離れた福岡県まで送電されていたそうです。

慰霊碑の前で手を合わせました。

 

f:id:ztourer:20210606144304j:plain

平家伝説の残る椎葉村

山深くの村内を観光して回りたいところですが、そろそろ帰る時間です。

 

f:id:ztourer:20210606145709j:plain

山深くの街を後にし、北九州へ向けて帰りました。

 

往復400キロのロングツーリングとなりました。

今回の旅も、極力人とは接触せず、人の集まる場所は避けてきました。

 

ツーリングの醍醐味は、ご当地の名物を食べることだったりしますが、

コロナの時代の中、レストランや食堂に入っての食事は厳しいところがあります。

 

他のライダーの方も、お弁当を持ってきてピクニックのように食事をしていたように、

ツーリング先で『外で』食べるっていうのが、今の時代の新しいツーリング様式なんですね。

 

九州の未開の地のツーリング、楽しかったです。