ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真と旅の記憶~

【長崎】佐世保 早岐瀬戸へツーリング

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20210523135435j:plain

ツーリング日:2021年5月23日(日曜日)

 

何か無性にお出かけしたくなる天気が続きます。

あー、長崎の生月島に行きたい!

 

しかし、現在は緊急事態宣言の真っ只中!

3密を避けること、人の集まる所には行かないこと、可能な限り人との接触は避けることを条件に、

長崎方面へバイクを走らせました。

 

 

 

f:id:ztourer:20210523093446j:plain

今回は、こんなツーリングのお助けグッズを装備しています。

 

これはスロットルアシストと言って、アクセルグリップに取り付けたヘラのような物の上に手のひらを乗せるだけで、アクセルグリップを握らなくてもアクセル開度をキープできるというもの。

 

これを使えば、一般道のバイパスや高速道路などで定速で走行する場合、

半クルーズコントロール的なことが出来るので、疲労軽減につながります。

 

※ただし、これを使った運転には慣れを要するので(信号待ち等で不意に触れてしまうと急発車、急加速してしまう危険アリ)、

もし利用される方は十分に練習して気を付けて使ってください。


f:id:ztourer:20210523102141j:plain

福岡都市高速道路を走っています。

ペイペイドーム、シーホークホテル、福岡タワーが見えます。走っていて気持ちが良い区間です。

 

ちなみに、スカブはETCが付いていないので、料金所で現金払いです。

料金所のおじさんが親切な人で、おつりとレシートを財布の中に入れてくれました。

グローブをしていると、うまく財布の中に入れられませんからね。ありがとう。

 

ETC普及前は、料金所での様々なエピソードがありました。

またいつかブログに書きたいと思います。

 

f:id:ztourer:20210523110935j:plain

糸島から唐津方面へは、二丈浜玉バイパスを通って一気に向かってもいいのですが、

今回は国道202号旧道の方を走って、シーサイドクルーズです。

 

それにしても、梅雨の中休みの日曜日とあって、車やバイクの交通量が多い(;^ω^)

 

f:id:ztourer:20210523115603j:plain

西九州自動車道(無料区間)を通って、一気に佐賀県伊万里市までやってきました。

生月島は、おそらくバイクだらけで密になっていると思うので(笑)、今回はパス。

行先変更し、このまま山を越えて長崎県佐世保市に行きたいと思います。

 

正面に立ちはだかる山脈の向こうが佐世保です。

っていうか、あんな高い山を越えるの???

 

f:id:ztourer:20210523120914j:plain

右に左に緩やかなワインディングを駆け抜けながら、次第に眼下の景色が小さくなっていきます。

途中のパーキングから、こんな絶景が広がっていました。

 

f:id:ztourer:20210523124018j:plain

山を越えて下りてくると、佐世保市街に入ります。

今日は日差しが眩しく暑いくらいでしたが、蒸し暑い感じではなくて過ごしやすく、汗もかかずに心地よい暑さといった感じ。

バイクに乗るには最高な気候です。

 

f:id:ztourer:20210523124314j:plain

させぼ四ヶ町のアーケード街がありました。

佐世保の街をぶらぶらして、名物の佐世保バーガーを食べたかったのですが、

コロナで極力人混みと接触を避けないといけないので、今回はスルーしました(+_+)

 

f:id:ztourer:20210523124657j:plain

JR佐世保駅前です。

九十九島観光と米軍基地の街の佐世保ですが、さすがに人はまばらでした。

 

f:id:ztourer:20210523125857j:plain

駅前のセブンイレブンでお昼ご飯を買って、木陰のベンチでランチです。

 

f:id:ztourer:20210523130115j:plain

サンドイッチとおにぎりを買ってきて、木陰で一人でピクニックです(笑)。

 

f:id:ztourer:20210523130122j:plain

あー、何か知らないけど、このピクニック感が非常に楽しい(笑)

プチデイキャンプしている気分です(*^^)v

 

f:id:ztourer:20210523130426j:plain

ふと見上げると、教会がありました。

教会を見かけると、長崎に来たなぁって感じです。

 

 

さて、お昼ご飯の後はどこに行こう?

 

本土最東端の岬が近くにあるので行ってみたいですが、

例にもれずバイク乗りが集結している可能性が高いし(笑)、

(バイク乗りは、先っちょに行きたがる習性がありますからね(笑))

九十九島展望台からいい写真が撮れそうなので行ってみたいのですが、

今日は日曜で天気がいいので人が多そう。

 

人の集まる場所へ行かないのが条件の旅なので、人が集まりそうにないところはないかグーグルマップで調べてみました。

 

すると、佐世保に来たら以前から行ってみたかった場所を思い出しました。

よし、ココに行ってみよう!

 

f:id:ztourer:20210523134533j:plain

ということで、到着したのは早岐瀬戸です。

川じゃないですよ。ここは海峡です。流れているのは海流です。

 

f:id:ztourer:20210523134315j:plain

九州の地図を見ていただくと分かると思いますが、長崎の大村湾佐世保湾を繋いでいるのが、西海橋下を流れる針尾瀬戸と、ここ早岐瀬戸の2か所のみです。

干潮、満潮で水位が変わる時、大村湾の海水がこの狭い海峡を勢いよく流れていくんです。

 


www.youtube.com

動画を撮ってみました。サラサラと音を立てながら流れていく潮の音。

大村湾というダムの水が、ココを通って外に『放流』されていると言った方が正しいかも。

川の流れとはまた違った、海の持つパワーを目の前に感じることが出来る場所だと思います。

 

f:id:ztourer:20210523134504j:plain

正面にある住宅を見てみると、海の上に柱数本で建っています!

すごい建ち方だなあ。窓を開けると、真下が海って楽しそう。

 

沿岸にアパートや住宅が立ち並び、ここに住んでいる人は、毎日潮の流れる音を聞きながら生活しているんでしょうね。いいなあ。

 

f:id:ztourer:20210523134951j:plain

手前側が大村湾、奥が佐世保湾です。

外海側に潮が勢いよく流れていきます。

以前は、このコンクリートの基礎に橋が架かっていたのかな?

 

以前、長崎空港付近の海岸を訪れた際に、大村湾の塩水を少し舐めてみましたが、

一般の外海の塩水に比べ、非常に薄い塩水という感じでした。

ほぼ全周を陸地に囲まれている海なので、陸地からの水の流入が多く、塩水も薄まっているんでしょうね。

 

 

f:id:ztourer:20210523135403j:plain

対岸側の丘の上には、何やら祭っている神社がありました。

 

f:id:ztourer:20210523135435j:plain

橋の上から早岐瀬戸を眺めます。いいところだなぁ。

 

ちなみに、見学者は僕一人でした(笑)。密にならなくてよかったです(*^^)v

 

f:id:ztourer:20210523144115j:plain

帰りは、佐賀経由で国道35号線を東に進みます。

佐賀県武雄市に立ち寄りました。

 

f:id:ztourer:20210523144129j:plain

ここは、武雄温泉駅。現在建設中の長崎新幹線の『始発』駅です。

既に立派な駅舎が完成していて、架線も張られていました。

 

この長崎新幹線は、末端区間だけ開通し、途中の佐賀県区間は未着工(在来線乗り換え)という変則的な新幹線が、来年2022年に開通します。

 

物議を醸した長崎新幹線の開通の足音が、だんだん近づいてくるのを確認できました。

 

 

f:id:ztourer:20210523151803j:plain

佐賀県の大町町のひじりの里で休憩しました。

 

f:id:ztourer:20210523152452j:plain

農産物直売所とベーカリーが入っている道の駅的な施設です。

 

f:id:ztourer:20210523152123j:plain

SLの現物が保存してありました。近くで見ると大きさに驚きます。

 

f:id:ztourer:20210523152022j:plain

運転席にも立ち入ることが出来ます。初めて見るSLの運転席、凄い迫力。どうやって運転してたんだろう???

 

f:id:ztourer:20210523151952j:plain

運転席からの視界です。機関士さんは、こんな風に前方を見て運転していたんでしょうね。

 

f:id:ztourer:20210523161020j:plain

34号線は交通量が多いので、佐賀平野を県道を繋いで横切り、筑後川の堤防沿いを走って帰りました。

 

 

往復300kmの久しぶりのロングツーリング、楽しんで帰ってきました。

梅雨の中休みとあって、車やバイクを多く見かけました。

 

走っている時は良くても、目的地が人大杉で密だと意味がないので、今回はマイナーなスポットを訪れました。

一人でベンチで食べるコンビニご飯も、何だか楽しかったです。

 

これがコロナ時代のバイクの楽しみ方ですね。