ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

車のない生活、3か月目

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20210528220244j:plain

今年の3月に車を手放してから3か月目に入っております。

 

結論から言うと、(僕の環境では)車がなくても全く問題ないということを感じております。

 

車の無い生活から得られるメリットも少なからずあるようです。

 

今日は、そんなお話です。

 

f:id:ztourer:20210101090704j:plain

 車を手放したその翌日。

ガレージにあった愛車が姿を消し、ガランとしたスペースに寂しさを感じつつ、

新しい生活のスタートとともに、不安を感じていました。

しかし、そんな不安もすぐに消え去りました。

 

歩くのは楽しい!毎日が遠足(^^♪

 

毎日トータル3.5km歩いています。その割には全然体重が減りませんが(笑)。

 

小学校の頃から遠足の行事が楽しみだった僕にとって、

毎日歩いて遠足って思えば楽しいものです。

 

f:id:ztourer:20200205212344j:plain

また、乗車する駅を一駅手前に変更したため、

かなりの確率で座席に座って電車通勤できるようになりました。

 

通勤途中での疲労が全然違います。

 

 

f:id:ztourer:20210516160327j:plain

休日は、バイクでお出かけしています。

 

これまで、雨の日のお出かけは車で行っていたのですが、

現在はバイクしか移動手段がないので、贅沢はできません(笑)。

 

しかし、雨の日のバイクも楽しいものです。レインコートを着てバイクに乗るのも慣れました。

雨の日のツーリングは、他のバイクとすれ違うこともないので、なんでも独り占めできるので楽しいです(謎)。

 

雨の日のバイクで一番気にかけていることは、

目的地や休憩スポットに屋根付きの駐輪場があるかどうか?です。

 

レインウェアを脱いだり着たりする場合、屋根の下で雨を避けたいですからね。

 

近所の買い物もスカイウェイブで行っていますが、

もっと気軽に乗れる小さいバイク(原付一種で十分)が欲しくなってきます。

今度、バイク屋さんに見に行ってみようかな(笑)。

 

f:id:ztourer:20210516145047j:plain

生活の中における車の存在や役割は、人それぞれ違うと思います。

 

僕の現在の職場環境であれば、

車がなくても全然不便を感じることもなく、

現在、車のためにかかる費用がゼロであることの意味は大きいです。

 

また、歩くことの楽しさと健康維持につながるということ、

車では得られないバイクの不便さをあえて楽しむということは、

お金に代えることのできないメリットであると思います。