ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

【KOMINE】AK-085ネオプレーンウォームハンドルカバーのインプレッション

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20210115173701j:plain

冬本番真っ只中で、バイク乗りにとっては厳しい日々が続きます。

 

寒さ対策には色々とありますが、

費用対効果が一番高いアイテムがハンドルウォーマー(ハンドルカバー)ではないでしょうか。

 

まるでポケットに手を入れているかように、暖かく運転できます。

これさえあれば、冬にどこだって行けますよ(^^♪

 

僕の周りでは、最近ハンドルウォーマー愛好家の方が増えてきて嬉しい限りです。

 

今回は、新しいハンドルウォーマーのご紹介と、

ナックルガードと併用してみたインプレッションをお送りいたします(^^)/

 

 

ナックルガード(ハンドガード)は、手の寒さを『半減』させてくれるが、、、

f:id:ztourer:20200813161730j:plain

まず、ナックルガードの防寒性についてです。

ハンドルの前に付いている大きなガードが、ナックルガード(ハンドガード)です。

 

防寒装備として、ナックルガードをお考えの方も多いのでは?

 

f:id:ztourer:20201216123621j:plain

ナックルガード+グリップヒーターMaxで気温3℃の吹雪の中を走ってみました。

 

指先に直接寒風が当たらないので、手の寒さを半減させてくれますが、

ナックルガードから巻き込む寒風で手の甲や親指が冷えてしまうので、寒さは完全にしのぎ切れません(>_<)

 

 

 

 KOMINEのネオプレーンハンドルカバー(AK-085)のご紹介(^^)/

 

f:id:ztourer:20210115173548j:plain

 バイクウェア コミネ AK-085 ネオプレーンウォームハンドルカバー KOMINE 09-085

価格:1,760円

ナックルガードと併用できそうなスリムなハンドルウォーマーを見つけました。

形状だけ見てみると、大きな鍋つかみのようですね(笑)

横幅がスリムなので、ナックルガードの幅に合いそうな感じ。

 

f:id:ztourer:20210115173747j:plain

サイドに大きな穴が一つ。ここにグリップ部を通して、ハンドルカバー内でグリップを握る感じです。

 

f:id:ztourer:20210115173730j:plain

このハンドルカバー(コミネAK-085)の最大の特徴は、ブレーキ(クラッチ)レバーをハンドルカバー内ではなく、ハンドルカバー越しに操作する点です。

 

f:id:ztourer:20210120114928j:plain指先部の裏側に、ブレーキ(クラッチ)レバーを通すゴムの輪が二つあります。レバーの距離に応じて穴に通して装着します。



 

取り付けとインプレッション

f:id:ztourer:20210120115441j:plain

ナックルガードとハンドルカバーを同時に装着しました。

 

f:id:ztourer:20210120120214j:plainハンドガードと組み合わせて取り付けるため、バーエンド部に穴(切れ込み)を開けて貫通させています。

こうすることで、袖口が常に上下に開くようになり、同商品をレビューされている方によく聞かれる手の入れ辛さはありません。

袖口だけ厚みのある生地であれば、手の出し入れはもっと楽だと思います。

 

とはいえ、走行中はハンドルから手を離さないことが、

ハンドルカバー愛好者共通のお約束です。

 

f:id:ztourer:20210120114544j:plain

ネオプレーン素材は完全に防風で、隙間風は入ってきません。

 

しかし、画像のように袖口が大きく開いていて絞られていないので、

せっかくグリップヒーターで温まった熱が走行中の気流の負圧で外に逃げてしまい、

意外にも手が冷たくなってきます

 

これは盲点でした(;^ω^)

 袖口を防ぐ工夫が必要ですね。

 

操作性について…親指が窮屈かな。

 

f:id:ztourer:20210120153022j:plain

左手親指でウインカーやヘッドライトのロー&ハイビーム切り替えは、何の違和感もなく操作できます。

 

f:id:ztourer:20210120115155j:plain

ハンドルカバー越しのブレーキ操作も、何の違和感もありません。

ミッション車のクラッチ操作も、おそらく問題ないと思います。

レバーの冷たい感触を感じないので、とても快適です。

 

f:id:ztourer:20210120115054j:plain

ただ、ハンドルカバー内での親指の空間が狭いので、とても窮屈に感じます。

これは慣れとコツが必要ですね。

100kmほどテスト走行してみましたが、割とすぐに慣れました。

 

 

寒い季節に、ぜひお試しください(^^)/

 

f:id:ztourer:20210120115429j:plain

 極寒のツーリングも、これさえあれば怖いものなしです。

価格も安いので、一つ持っていてもいいと思います。

 

バイクウェア コミネ AK-085 ネオプレーンウォームハンドルカバー KOMINE 09-085

価格:1,760円