ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

スカブ400、簡単な整備と点検

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200623124356j:plain

スカブが白煙を上げて壊れる前に、簡単な整備と点検をしていた時の写真を色々とUPしたいと思います。(個人の備忘録的な内容です)

 

スズキ車は、整備性がとても良い!

まず最初に特筆すべき点があって、この車種は整備性が非常に良いです。

 

日常的、定期的に点検する項目って色々とあるのですが、カウル付きのバイクは大変ですよね。

 

この初期型スカイウェイブは、プラグやエアクリーナエレメント、バッテリー、キャブ等、目的の場所に至るのに、ボルト数個で留まっているカバーを外すだけでアクセスできます。

 

スズキ車は良く考えられているなって思いました。

 

ブレーキレバーの清掃とグリスアップ

f:id:ztourer:20200619112616j:plain

リアブレーキの操作が非常に渋く、コントロールがしにくかったので、ブレーキレバーを外してみました。

 

f:id:ztourer:20200619113630j:plain

おそらくほとんどノーメンテなレバーの状態。ヘドロのようなものが付いていました。

パーツクリーナーで洗い流し、グリスアップして組付けたところ、引っ掛かりもなく軽くリニアに操作できるようになりました。

ついでに、アクセルワイヤーに注油しておきました。

 

パーキングブレーキの調整

f:id:ztourer:20200623095524j:plain

ハンドル下にある、パーキングブレーキレバー。このように、いっぱいに下げた状態でもパーキングブレーキはかかっておらず、タイヤは動く状態です。

 

f:id:ztourer:20200623095719j:plain

リアブレーキ付近のボルトでパーキングブレーキ調整ができます。ロックナットを緩めて、Pレバーを3クリック(引っ掛かり)くらいでパーキングブレーキが作動するように調整しました。

 

 

キャブ、エアクリ、プラグへのアクセス

f:id:ztourer:20200623101926j:plain

必須というわけではないのですが、シートを支えるダンパーを外してシートを大きく開いた方が作業がしやすいと思うので、まずダンパーを外します。ピン一本抜くだけで外れます。

 

f:id:ztourer:20200623102023j:plain

シートが倒れてこないように、長い棒で支えます。

 

f:id:ztourer:20200623102126j:plain

シート下には、カエル君が『コンニチハ』。

このカエル君のパネルは、ボルト2本で外せます。

 

f:id:ztourer:20200623112238j:plain

カエルパネルの下から出てきたのは、キャブレターとエアクリーナー。ボルト2本で簡単にアクセスできます。アイドリング調整もやりやすいですね。

(画像は、シートを取り外している状態です。シートは取り外さなくても作業に

差し支えありません。)

 

f:id:ztourer:20200623102747j:plain

ネジ2本でエアクリカバーを外して点検。スポンジがボロボロで欠けています。ずっとメンテナンスしていなかったのかも。要交換ですね。

 

f:id:ztourer:20200626183535j:plain

プラグへのアクセスは、シート下にボルト3本で留まっているこのカバーを外すだけ。簡単ですね。

 

f:id:ztourer:20200623112300j:plain

シリンダーヘッドが見えます。

 

f:id:ztourer:20200623111125j:plain

覗き込むと、プラグキャップを外してプラグの頭が見えました。

 

f:id:ztourer:20200623111326j:plain

プラグの位置は奥深いので、車載工具に入っているプラグレンチと延長パーツを組み合わせて使います。

 

f:id:ztourer:20200623111509j:plain

このような感じでプラグを脱着します。

 

f:id:ztourer:20200623111613j:plain

取り外したプラグ。まだ新しくて、焼け方は良好です。

 

バッテリー、ヒューズ、その他

f:id:ztourer:20200623104814j:plain

バッテリーは、フロントのグローブボックス右側にあります。ボルト2本でカバーを外すだけで着脱可能です。

 

f:id:ztourer:20200623122840j:plain

ボルト4本を外すと、フロントスクリーン下のガーニッシュが外れます。

ヘッドライト、ウインカー球の交換はここからどうぞ。

 

f:id:ztourer:20200626184104j:plain

ヒューズボックスとウインカーリレーがあります。

 

f:id:ztourer:20200626183617j:plain

メインヒューズは、エンジン付近にあります。

ここまで紹介した点検、整備ともにボルト数本とカバーを外すだけでアクセスできる整備性の良さが、スズキ車の隠れた美点なのかもしれません。

 

シンプルイズベスト?

f:id:ztourer:20200626133923j:plain

f:id:ztourer:20200626133750j:plain

スリムな初期型スカイウェイブ。初期のビッグスクーターって、デザインが非常にシンプル。

それに、メカニズムも整備性もシンプル。それが、バイクの本来のあるべき姿なのかもしれません。