ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

もしもうるう年がなかったら、今日は20○○年〇月〇日だった...⁈

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200229234803j:plain

※2020年3月2日、内容に誤りがあったため、修正しました。申し訳ありません。

 

今日は、4年に一度出現する2月29日。

 

腕時計の日付が、こんなことになっていました。

f:id:ztourer:20200229230343j:plain 左のGショックは正しく2月29日となっていますが、右の1000円のカシオウォッチ(俗に言うチープカシオ)は3月1日を指しています。

 

明日3月1日は、チープカシオの4年に一度の時計合わせの日なんです(笑)。

チプカシユーザーの方は、明日は大変ですね。

(チープカシオについては、いつか記事を書きたいと思います。)

 

うるう年についての興味深い話

 

購読しているブログで、イギーとポルさんのブログにて面白い記事を拝見しました。

(イギーとポルさん、いつもブログ拝見しております)

一体うるう年って何なんだよ?って記事です。

 

僕も、うるう年について調べてみました。

 

うるう年はいつ始まったか?

古代エジプト時代から太陽暦が採用されていたとのことですが、当初はうるう年はなく、一年を365日固定だったそうです。

紀元前45年、ユリウスカエサルによって4年に一度うるう年(一年を1日挿入して366日)とするようになったそうです(ユリウス暦)。

 

うるう年の導入により、暦と季節がズレずに現代まで歴史は続いているんですね。

 

もしもうるう年がなかったら、今日は20○○年〇月〇日だった...⁈

では、紀元前45年にカエサルがうるう年を導入せず、一年を365日固定のまま現在に至ったとするとどうなっていたのか?ちょっと計算してみました。

 

正確な天文学的な計算はできないので、大雑把な計算で行くと、

ユリウス暦を導入してから、うるう年は今年までに515日あったと仮定します。

今日2020年2月29日の515日は、

 

2021年7月28日!

 

もし、うるう年が存在していなかったら、今日は2021年の7月28日だったんです

 

( ※初出で515日と記事を書きましたが、515日の間違いです。ごめんなさい。)

 

本日は肌寒い一日でしたが、盛夏のはずの7月が肌寒いって考えられないですよね。

 

また、あと1ヶ月後には桜の開花を迎えますが、うるう年がなかったら、8月下旬にソメイヨシノが開花するってことになっちゃいますね。

 

ということは、お正月が真夏の炎天下でハッピーニューイヤーってことになるという...。

 

季節とリズムがズレずに済んでいるのは、うるう年のおかげなんですね。

 

※個人の大雑把な計算で求めた話なので、半分ネタ話と思ってください(笑)。