ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

【代車インプレ】初代ホンダストリームのインプレッション

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200226193045j:plain

以前、記事に書いた通り、オデッセイを雨漏りで修理に出してからから1ヶ月が経過しましたが、まだ修理から戻ってこないんです。

 

その間、代車としてやってきたのが初代ストリーム。過去に乗っていた方もいらっしゃるのでは?

 

こんな古いクルマのインプレを誰も求めていないとは思いますが(笑)、僕なりの目線でレポートしてみたいと思います。

 

f:id:ztourer:20200226193056j:plain

平成13年式(2001年式)初代ストリーム。19年前の車です。

 

初代ストリーム、大ヒットしましたよね。オデッセイの子だから『コデッセイ』なんて言う人もいました。

 

ポジション、ウインカー、前照灯の3段になっているヘッドライト。当時としては珍しく、HIDが入っています。当時は、縦に長いヘッドライトが流行ってましたよね。

 

f:id:ztourer:20200226193100j:plain

上部まで回り込む大きなテールランプ、広いグラスエリアとリアドアパネルとの境をメッキモールでさりげなく飾り、フラットでシンプルにまとめ上げられた秀逸なリアビュー。

現代の車のような奇抜なデザインより、このような着飾らなくて凛とした佇まいのデザインは、いつまでも古さを感じないものです。

 

f:id:ztourer:20200226170624j:plain

サイドビューは、屋根が高く盛り上がって後方にスラントするクーペスタイルのように見えますが、これはデザイン上の演出であり、実際の屋根は水平に後端まで延び、3列目の頭上空間はしっかりと確保されています。

 

f:id:ztourer:20200226170956j:plain

メーターやインパネは、非常にシンプル。それでいて、シフトノブ、オーディオやエアコンはとても操作しやすいです。

 

現代の車の目線で見ると軽自動車より安っぽく見える内装も、時代の流れなんでしょうね。

 

f:id:ztourer:20200226171052j:plain

余談ですが、この代車は喫煙車両だったようで、お借りした当初はたばこ臭くて息苦しかったので、車用ファブリーズを買ってきました。

 

ファブリーズの威力は絶大で、車内のたばこ臭さがほとんどしなくなりました!香りでごまかすのではなく、本当に消臭するんですね。

カー用品店で色んな芳香剤を見かけますが、迷ったら絶対に車用ファブリーズをおすすめします!

 

P&G ファブリーズ 送風口用イージークリップ スカイブリーズ 2ml×2個パック 車用 消臭 芳香剤|4902430561532(tc)

 

おすすめは、スカイブリーズ。香りはきつくなく、さわやかな甘さを漂わせる車内になります。

 

f:id:ztourer:20200226170705j:plain

1列目。足元は広く、左右セパレートシートとなっていて、前後左右にウォークスルーができます。

視界は広くて車両感覚はつかみやすく、5ナンバーサイズなので狭い道での運転がとてもしやすいです。 

 

f:id:ztourer:20200226170930j:plain

2列目の足元はとても広く、3代目オデッセイより頭上空間は広いので、ゆったり座れます。

 

f:id:ztourer:20200226170901j:plain

3列目シートのサイズは小さいですが、2列目を前方にスライドさせて足元空間を広く取れば、意外にもしっかり座れます。ヘッドレストは収納式です。

シート上に置いているボックスは、タイヤチェーン。リアトランクは狭くて置けないんです。3列目を収納してトランクスペースを拡大することも可能です。

 

f:id:ztourer:20200113212300j:plain

3列目シート右席には、リアエアコン(冷房のみ)のスイッチと吹き出し口があります。

 

f:id:ztourer:20200226170836j:plain

3列目からの眺め。コンパクトなクルマですが、3列シート7人乗車可能な空間が広がります。

 

f:id:ztourer:20200226171238j:plain

天井が高いので、1~2列目へのウォークスルーがしやすくなっています。

頭上空間は、RB1オデッセイよりも広いです。

 

f:id:ztourer:20200115133827j:plain

エンジンルーム。汚いですが、オイル交換等定期的にメンテナンスされてきた車両です。

エンジン形式は、非常に信頼性の高いK20A。RB1オデッセイ搭載のK24Aエンジンの2リッター版です。

 

このエンジンは非常に吹け上りが軽く、3列シートのボディを軽々と引っ張って加速していきます。車重が軽いので、加速感はオデッセイよりも速く感じるほどです。

 

で、この車の走行距離は、何と17万km。アイドリング時にガラガラと音はしますが、19年前の17万km走行のエンジンとは思えない好調ぶり。

K型エンジンがいかに信頼性が高く、尚且つ速いエンジンであるということが証明されました。

 

ホンダは本当にすごいエンジンを作りますよね。

 

また、ブレーキのフィーリングはとてもよく、ハンドリングはとても素直でクイック。ある意味、走りの良さはオデッセイを超えているかも?

 

 さすがスポーティミニバンと言われるオデッセイの弟ですね。