ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

バイクのおすすめプロテクターその1【ニープロテクター】

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200224230739p:plain

 今回は、おすすめのニープロテクターのお話です。

プロテクターをきちんと装備してバイクに乗ってほしいと思って記事を書いています。 

皆さんは、プロテクターを装着してバイクに乗っていますか?

 

僕自身、プロテクターは完全装備で乗っています。プロテクターと言えば、

  • ヘルメット
  • グローブ
  • 胸部プロテクター
  • 脊髄プロテクター
  • 肩、肘プロテクター
  • ニープロテクター(ひざ)
  • ライディングシューズ

おそらく、自分の身を守るのはこれだけあると思います。

 

今回はニープロテクターの紹介と、プロテクター装備の重要性をお話したいと思います。 

 

おススメは、コミネのフレックスニーガード

 

f:id:ztourer:20200224230752j:plain

KOMINE コミネ 膝プロテクター・ニーガード SK-690 CEフレックスニーガード

 

【在庫あり】KOMINE コミネ 膝プロテクター・ニーガード SK-690 CEフレックスニーガード

 

僕がおススメするニープロテクターが、コミネのフレックスニーガード。色は、ブラックとチタン(ホワイトシルバー)の2種類。

ライコランド実店舗にて、取り扱っていた全種類のニーガードを試着させてもらった中で選んだのがこれ。一番着け心地が良くて動きやすかったのが決め手でした。

 

尚且つ価格は一番リーズナブルでした。コミネ製はコスパ抜群ですよね。

 

コミネのメーカーサイトのURLはこちらです↓

 https://www.komine.ac/product/item.php?prid=901

 


f:id:ztourer:20200202205813j:plain

 実際に装着してみて、このようにひざを大きく曲げてみても、何も引っ掛かることもなく自然に動かすことができます。

マジックテープで3か所で固定するので、走行中にゆるんだり外れたりする心配はありません。

 

※僕が伝えたいニープロテクターの重要性

 

結論から言うと、こけた時にひざを打つと痛いからです(笑)

 

幸いなことに、僕は今まで事故に遭ってけがをしたことはありませんが、バイクに乗っていてこけた事が何度かあります。

 

以前、バイクの練習場で白バイのような定常円旋回や小路旋回(Uターン)の練習をしていた時のこと。ニープロテクターは着けていませんでした。

 

だんだんできるようになってきて調子に乗ってしまった頃に、悲劇が、、、

 

転倒(笑)

ブレーキレバー折れるし、カウル傷だらけ...orz

っていうか、転倒してひざから地面に着いてしまい、激痛

立ち上がれない…orz

 

ってことになりました。そこがバイク練習場なので、痛がって苦しんでいても誰にも迷惑ではありませんが、

転倒したところが公道だったらどうでしょう?

とりあえず早くバイクを起こして道端に移動させる必要がありますが、痛がっていては、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

 

ニープロテクターが重要である理由は、

ひざを打って立ち上がることが出来なければ、みんなに迷惑や余計な心配をかけさせてしまうので、ひざは必ず守る必要があるからだと思っています。

 

プロテクターを装備した姿こそ、バイク乗りの『正装』

ニープロテクターに限った話ではありませんが、

プロテクターを装備すると見た目がゴツゴツとして不格好に見えるかもしれませんが、プロテクターを装備しないで痛くもがき苦しんでいるよりは、プロテクターで自分の身と命を守る方が数倍いいと思うし、

プロテクターをしっかり装備している姿こそが、バイク乗りとしての『正装』だと思います。