ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

北九州 若松海岸ツーリング

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200201232124p:plain

訪問日:2018年4月19日木曜日

 

今回のツーリングは、今からおよそ2年前の2018年4月、北九州市若松区の海岸沿いを訪れた時の物です。

 

過去の写真を見返していたら、ブログにUPしていないツーリングの画像があったため、当時を振り返りながらUPしたいと思います。

 

北九州市近郊にも、こんなに絵になるツーリングスポットがあるのを確認していただければと思います。


f:id:ztourer:20180419154231j:plain

まず最初に訪れたのは、北九州市のお隣の中間市役所前の河川敷。

毎年4月頃から鯉のぼりが多数上がっています。快晴の空に気持ちよく泳ぐ鯉のぼりと、当時の愛車のTMAX

 

f:id:ztourer:20180419162850j:plain

北九州の若松までやってきました。

青い空に、若松と対岸の戸畑とを結ぶ赤い若戸大橋が映えます。

 

f:id:ztourer:20180419162832j:plain

古河鉱業若松ビル。若松観光のハイライト。内部を見学できます。

後方には若戸大橋が見えます。


f:id:ztourer:20180419165451j:plain

少し足を伸ばして、若松響灘工業団地の風力発電所へ。真下まで行って見ることができます。

地上から羽根の先端までの高さは、約100メートルもあるそうです。

 

f:id:ztourer:20180419164958j:plain

このように、巨大な風車が10基も林立している風景は圧巻。

 

 

f:id:ztourer:20200131235845g:plain

連写した画像を加工して、風車の動きを再現してみました。

 

f:id:ztourer:20180419165157j:plain

風車とTMAX。駐車場や遊歩道が整備され、散歩コースとして最適です。

 

f:id:ztourer:20180419175344j:plain

海岸沿いを進み、遠見ヶ鼻に到着。

 

f:id:ztourer:20180419175512j:plain

この細い道を進んだ先には、、、

 

f:id:ztourer:20180419175229j:plain

波で浸食された岩肌が広がる海岸に出ます。

北九州市の海岸の多くは大きな工業地帯となっていますが、若松方面は、このような綺麗な海岸が続きます。

 

f:id:ztourer:20180419175703j:plain

遠見ヶ鼻の灯台北九州市内にも、こんな風景があるんです。市内在住の方でも知らない方も多いのでは?

 

f:id:ztourer:20180419175720j:plain

少しずつ日が落ちていきます。遠見ヶ鼻は、夕日の名所となっています。

 

f:id:ztourer:20180419180315j:plain

だんだんと日が落ちていき、光の道ができました。

 

北九州のツーリングスポットとしては平尾台が有名ですが、それ以外にも知られていない名所がたくさんあります。

北九州市は、ほど良く都会、ほど良く田舎といったことが評価され、住みたい街ランキングでナンバーワンだそうです。

遠方からツーリングされる方、新しいツーリングスポットを探しに訪れてみてはいかがでしょうか。