ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

次期愛車探しの旅 その1

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20190823152450j:plain

現在の四輪の愛車(トヨタアベンシスワゴン)が立て続けに不調が続き、タイヤ等の消耗品の交換が迫っていて、修理や消耗品交換の経費を考えると、そろそろ乗り換えを検討しています。

 

現在トヨタ車乗りですが、ホンダF1が今期2勝を挙げる活躍に影響されて、元々ホンダ党だった僕は、必然的にホンダ車を探すようになりました。

 

今回は、そんな車買い替え遍歴を記事にしてみます。(どうでもいい話ですが、ご参考までに…)

 

最初の乗り換え候補は、ホンダのアコードハイブリッド。

小倉駅前のタクシー乗り場でよく見かけるアコードのタクシー。見るたびにカッコよくて気になっていて、宗像のホンダオートテラス(中古車センター)に見に行きました。

 

f:id:ztourer:20191110231926j:plain

Lクラスの堂々たる存在感。マジでカッコいい!

 

気になって仕方ない僕は、以前の記事の通り、

8月にわざわざレンタカーを借りて好きなだけ乗ってみたんです。↓↓↓

www.xperia.life

非常に好印象だったアコードハイブリッドでしたが、僕の出した結論は、

 

デカすぎる 

 

小回りが利かないので、100円パーキングのような狭い駐車場での取り回しに苦労することが判明。

総額で200万円弱となり、予算的に厳しいので諦めました。 

 

f:id:ztourer:20190918184649j:plain

もっと小型で運転しやすい車はないかと検索していると、八幡のオートテラスにストリームの在庫がありました。

 

f:id:ztourer:20190918184712j:plain

実は、ストリームのRSZは、6年前にクルマ買い替え時に候補の一つに上がっていたクルマ。

だって、カッコいいですよね。フロント、サイド、リア、こんなにデザインのまとまりとバランスが優れた車は、他にありません。

 

f:id:ztourer:20190918184610j:plain

車幅は5ナンバーサイズに収まっていて、全長、全高共に扱いやすいサイズ。

それでいて、ゆったりとした6人乗りのスペースを確保しています。1列目、2列目の足元が広く、3列目もしっかりと足元空間が確保してあり、しっかりと座れるサイズのシートがあります。

 

f:id:ztourer:20190918184428j:plain

ただ、どうしても気になったのが、車内の質感の低さ。

外観のデザインの秀逸さで期待して車内に入ってみると、ハンドルやシフトレバーは革巻きではないし、安っぽいプラスチックなインパネ回りにがっかり。

後席も特に豪華さというか、華やかさはないし、期待しすぎかな。

 

『今アベンシスワゴンに乗っていて、次にストリームにするのはおすすめしにくいなあ

 

と、ホンダの営業の方に言われました。買った後に後悔はしたくないし、ストリームはあきらめました。

 

でも、エアコンやインパネ関連の操作性はとても良かったです。現行のヴェゼルのような質感であったら、なお良かったのに。

 

f:id:ztourer:20190930151638j:plain

ホンダ車を検索してみると、直方市のホンダ中古車センターにオデッセイを発見。

以前、会社の上司でオデッセイに乗っている人がいて、何度か乗せてもらったこともあり、いい車だなと思っていたので、ちょっと見に行ってみました。

 

f:id:ztourer:20190930151116j:plain

ブラックアメジストパールという、パープルっぽいブラック。

外装状態は、磨き傷が多少あり、飛び石による凹みが数か所にある状態。細かく見ようとしなければ気にならないレベル。

この画像を見て、遠目からは全く気になりません。走行距離も7万㎞台。それで車両本体価格は39万円。これはお買い得なのでは?

 

f:id:ztourer:20191110232042j:plain

車内を見てみると、この奥行き深く吸い込まれるかのようなインパネ。綺麗に収まっているナビ。ダイヤルを中心として並んでいる各種スイッチと、左右に広がるように囲まれた木目調パネル。ブルーで発光する3D立体のオプティトロンメーター。

 

デザインの秀逸さもさることながら、各パーツの質感の高さ。シートは柔らかい座面に深く沈み、包み込まれるような柔らかい座り心地。

それは1列目だけでなく、2列目、3列目にも当てはまり、全席手を抜くことなく質感の高い空間が広がっています。

 

これは買って満足感が高いし、オデッセイが人気があった理由に納得させられます。

 

f:id:ztourer:20191110232038j:plain

ただ残念なのは、運転席のシートがバリバリに破れ放題だったこと。シートカバーを着けて隠すしかないですね。

しかし、運転席以外の席はほとんど使用された形跡がなく、禁煙車だったこともあり、シートの破れ以外は極上で、内装は本当に綺麗な中古車でした。

 

f:id:ztourer:20191110232033j:plain

ちょっと悪っぽいデザインが妙にカッコよく、内外装ともに全体的なバランスとまとまり感は非常に秀逸です。

変な改造がしてあるわけでもなく、きれいに使われた希少なノーマル車。

 

見積もりを出してもらい1週間ほど悩んでいましたが、タッチの差で売約済みとなりました。残念。

 

しかし、冷静に考えてみると、

年式が古く、既に初年度登録から13年経過済みで重課税対象であり、古いが故に中古車保証はつけられずに現状販売が条件だったようで、ある意味飛びつかなくて正解だったかも。

 

 

結局、消去法的にオデッセイに行きつきましたが、他に候補となるクルマはあるか探してみます。

 

果たして、僕は一体どのクルマに行きつくのでしょうか(笑)

 

続編は、また後日UPします。