ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

トヨタ新型RAV4のデザインについて

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20191010090429j:image

トヨタRAV4が復活し、街中でよく見かけるようになりました。

 

1990年代中盤に、都市を駆けるライトクロカンとして、ホンダのCR-Vと人気を二分したヒットモデルの復活とあって、注目していたモデルです。

 

 

最近のトヨタらしい厳ついフロントグリルに、リアはどこかしら三菱車らしさが漂うエクステリア。

 

RAV4と言えば、悪路走破性を兼ね備えた真の四駆車。流行りのSUV車に埋もれない独特の存在感。なかなか注目のモデルです。

 


f:id:ztourer:20191010091021j:image

先日、イオンモールの駐車場に停まっていた一台のSUV車。

 

「新型のRAV4だ!」

 

と思いましたが、よく見ると…

 

JEEPのチェロキーでした(笑)

横から見たら似てる?


f:id:ztourer:20191010085809j:image

↑上がチェロキー、下がRAV4

こうやって比較してみると、RAV4はチェロキーを完全にパクっていることがよく分かります。

 

天下のトヨタが、中国車や韓国車のようにデザインをパクるなんて…。

 

ちょっとショックでした。