ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

【Gマジェスティ400】リモコンシャッターキーについて

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20190722145649j:plain

グランドマジェスティやマジェスティ(SG03J)の後期型に採用されているリモコンシャッターキー。

鍵穴の開閉をリモコンで行うことが出来て、いたずら防止に効果があります。

 

Gマジェスティは、それに加えてリモコンでトランクのオープン(開錠)もできます。

 画像のリモコン上側のボタンを二回押しでシャッターのオープン、長押しでトランクの開錠、下側ボタン一回押しでシャッターのクローズをすることが出来ます。

 

ボタンのオープン、クローズの見分けが付きにくいので、オープン側にシールを貼って分かりやすいように工夫しています。

 

f:id:ztourer:20190722215919j:plain

鍵穴シャッターを閉じた状態。

右上にあるシリンダーで手動でシャッターの開閉を行うことも出来ますが、これはリモコンの故障や電池切れ時の緊急用と思った方がよさそう。

f:id:ztourer:20190722163820j:plain

鍵穴をよく見ると、半月状の物が鍵穴を半分覆っています。

初めの頃は、シャッターが半開きで故障?と思っていました。

 

f:id:ztourer:20190722163908j:plain

キーを刺すと、この半月状の物は上に移動してキーを回すことが出来ます。

 

f:id:ztourer:20190722163812j:plain

キーを刺した状態。

 

実は、キーを刺すことで、半月状の物が上側に移動し、リモコンでのシャッタークローズの操作を受け付けないようになっているようです。

 

仮に、キーを刺した状態でシャッターを閉じてしまうと、キーが抜けなくなったりシャッターが壊れてしまいます。よく考えてありますね。

 

 

ところで、鍵穴にハサミやマイナスドライバーを突っ込んだりするいたずらを未然に防ぐ手段として、キーシャッターは効果はあると思います。

 

僕も過去にバンディットやゼファー750に乗っていた時代、人気車ゆえに盗難やいたずら防止対策は大変でした。

 

鍵穴自体を、キー坊という丸穴のキーシリンダーに交換したり、キーシリンダーの上に、デイトナのキーカバーロックを取り付けていました。別にキーを用意する必要があったり、開閉操作に手間がかかったりと大変でした。

 

今回紹介したキーシャッターは、リモコンで手軽に開閉できるので、特に面倒なことはありません。

 

この間試乗したホンダのフォルツァをはじめ、最新のバイクはスマートキーに進化し、鍵穴自体が無くなっています。一長一短あると思いますが、鍵穴のいたずらは過去のものになりつつあるようです。