ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

TMAXとの8年間

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20171029173115j:plain

8年間、相棒として連れ添ってきたTMAXを下取りに出すことになりました。

 

出会った日から8年も経っていたのか...と、過去の思い出を振り返りながら、ブログに軌跡を残したいと思います。

 

(次の新しい愛車は、また後日紹介します。)

 

f:id:ztourer:20150720124823j:plain

出会いは、2011年9月。

 

当時、事情あってバイクを手放していた僕は、6年ぶりにバイクにリターンするために、バイクショップを訪れました。

 

とりあえず、昔からマジェスティのようなビッグスクーターが欲しくて、スクーターの展示してあるコーナーを見ていたところ、

バイクショップのスタッフの方に声を掛けられました。

 

そんな時、ちょうど目の前にあったのが、このブルーのTMAXだったのです。

 

f:id:ztourer:20150720124921j:plain

TMAXいいですよ。このバイクで阿蘇とか、やまなみハイウェイを走ったら気持ちいいですよ!」

 と、スタッフの方が言います。

 

僕は、とりあえず250㏄とか125㏄のやつでいいと言うと、

 

大型二輪免許持っているなら、これに乗らないとですよ!」

 

f:id:ztourer:20150402145929j:plain

一旦、その日はバイク店を後にしましたが、バイク乗りたい病は収まることもなく、

数日後には、そのブルーのTMAXを買っていました。

 

f:id:ztourer:20160315144735j:plain

勢いで買ってしまったTMAXでしたが、結果的に大正解でした。

 

防風性能がとても良く、ツーリング派の僕にはピッタリ。

それに、学生時代は峠を走り回っていたこともあり、峠に差し掛かると、今でもスイッチが入ってしまいますが(笑)、

 

TMAXは、そんな僕の走りに応えてくれました。

低速コーナーでの安定性と回頭性の良さは、スクーターの形をしたコーナリングマシンだと言えます。

 

f:id:ztourer:20160405110432j:plain

大柄に見えて低速でとても扱いやすく、Uターンがとてもしやすいバイクです。

ヘルメットが一個と手荷物程度が収まるトランクも、深さがあってスクエアな形状であるため、とても使い勝手が良かったです。

 

f:id:ztourer:20190620215226j:plain

色々とツーリングへ行ったのですが、時にはトラブルも。

 

本州の最果てをツーリング中、砂利にタイヤがハマって脱出できなくなったことがありました。


f:id:ztourer:20190620220046j:plain

ソロツーリング中であり、付近に民家も何もなく、誰の手も借りることができません。

ロードサービスにお願いして、何とか脱出できました。

 

f:id:ztourer:20190620215139j:plain

TMAXは、スクーターの形をしたスポーツバイクであると言われますが、

このフレームを見れば、スクーターの常識では考えられない形をしているのが良く分かります。

 

f:id:ztourer:20190620215220j:plain

DOHC4バルブの並列2気筒エンジンですが、この複雑で巨大なエンジン本体。

 

変速はVベルト無段変速、自動遠心湿式多板クラッチに、ロスの少ないチェーンでタイヤを駆動するという、このメカニカルなエンジン。たまりません(笑)。

 

f:id:ztourer:20190620220213j:plain

実は水平対向ボクサーエンジン?

この大きなバランサーのおかげで、不快な振動は少なく、

アクセルを回すと瞬時に大地を蹴って加速します。

 

f:id:ztourer:20190620215233j:plain

一度、TMAXを手放しましたが、TMAXの走りの良さを忘れることができず、

わずか3か月で再びTMAXを買ってしまいました。

 

f:id:ztourer:20180829181212j:plain

2代目のTMAXは、ブラックを基調に、シルバーのラインに赤いアクセントが目を引くスペシャルモデル。

バイクショップの店頭にたまたま展示してあり、即決で購入しました。

 

f:id:ztourer:20180829181433j:plain

前オーナーが神経質なまでに大切にしていたという二代目のTMAX

外装状態は、小傷はあってもサビは一つもなく、エンジンは非常にレスポンスよく回る健康優良児でした(笑)。

 

f:id:ztourer:20190619154437j:plain

ハンドル、メーターリングまでブラックアウトされた、世界でたった一台の自慢のコックピット。

 

フェンダーに設置された大きなミラーは、視線の移動が少なく、視認性がとても良いです。

 

f:id:ztourer:20180928132453j:plain

トランクに荷物満載し、ツーリングや、短距離移動、時には峠でかっ飛ばしたり、

何でも応えてくれるTMAXは、真のオールラウンダーです。

 

f:id:ztourer:20181029122151j:plain

何でも僕の要望に応えてくれる優秀なTMAXですが、

長年連れ添っていると、どうしても気になる点が出てきました。

 

 

それは、

 

 

重いんです。

 

 

 

f:id:ztourer:20190620220327p:plain

乗っていて重さを感じることはありませんが、

バイクを降りて取り回しするときに感じる重さ。

 

TMAXはイケメンなんですが…実は結構デブなんです(笑)。

 

f:id:ztourer:20190620131533j:plain

そんな僕の要望に応えようと、TMAXも頑張ってダイエットしてくれましたが、

それでも、やっぱり重い。

 

重いというより、僕の体力の方が限界?

 

8年前、TMAXと出会った頃は、こんなに重さを感じませんでした。

むしろ、スクーターの割にスリムで軽いと思っていたほどです。

 

8年間でTMAXがデブになったのではなく、僕の体力が落ちた…。

 

f:id:ztourer:20190630223555j:plain

足着きも、つま先立ちで225㎏の巨体を支えるのは結構きつく、

そろそろTMAXとの生活も終わりを迎えつつあることは感じていました。

 

f:id:ztourer:20190620131545j:plain

そして、もうすぐTMAXとの生活はおしまいとなります。

 

寂しそうな顔をしているイケメンTMAX。別れは辛いけど、許して欲しい。

 

f:id:ztourer:20161228174140j:plain

8年間、ありがとう。TMAXに出会えてよかった。