ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

スマートキーの落とし穴?

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20190523144223j:plain

先日のフォルツァの試乗レポートの続編です。

 

最新型ビッグスクーターには、当然の装備となったスマートキーシステム。

 

今回は、一見便利に見えるスマートキーに落とし穴?的な経験をしましたので、

記事に残したいと思います。

 

 

f:id:ztourer:20190523144352j:plain

衣服のポケットに身に着けていれば、トランクや給油口の開錠、エンジン始動などができるのですが、

 

スマートキーの存在自体を忘れてしまいやすいので、注意が必要です。

 

f:id:ztourer:20190523140031j:plain

この間の新型フォルツァの試乗の時のことですが、

 

目的地のショッピングモールに到着し、上の写真のようにヘルメットやプロテクター、ジャケットをトランクに入れて、トランクを閉めようとした時、

 

スマートキーの重大な落とし穴に気づきました。

 

僕は、キーをトランクに閉じ込めることがないように、

トランクを閉める前に、キーがイグニッションに刺さっているのを確認して、

それからトランクを閉めるようにしているのですが、(愛車のTMAXは、キーを刺すタイプです。)

 

この新型フォルツァは、スマートキーなので、イグニッションにキーは刺さっていません。

 

 

スマートキーは...↓

 

 

ジャケットの中です!

 

今から閉めようとしているトランクの中にジャケットがあり、そのポケットの中にスマートキーが入っているのに気づきました!

 

あぶねー!キーをトランクに入れてロックするところだった!!

 

 

慌ててジャケットからスマートキーを取り出し、Gパンのポケットに入れてトランクをロックしました。

 

常にロック前にキーを確認する癖があったので、今回は難を逃れましたが、

 

これはスマートキーの落とし穴ですね。

 

四輪車もスマートキーシステム搭載車が多く走っていますが、

四輪車の場合、車内にスマートキーが残っている場合は、警告音が鳴ってドアロック自体ができないようになっているので、キーを閉じ込めることはないのですが、

 

バイクは警告音もないし、トランクを閉じてしまったらロックがかかるので、気付いた時は後の祭りです。

 

 

これからスマートキーシステム搭載のバイク(スクーター)に乗られる方へ、

 

スマートキーは、ズボンのポケットに入れて身に着けるか、

ハンドル下の小物入れに入れることをおすすめします!