ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

物欲との闘い(笑)

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20180809092016j:plain

何というか、物欲はとどまることを知りません(笑)

 

現在の愛車のTMAX。街乗りからツーリング、スポーツ走行まで、何でもこなすオールラウンダー。

 

しかし、

 

 

飽きてきたかな…。

 

(笑)

 

 

f:id:ztourer:20190111113135j:plain

SR400 FI

 

で、気になっていたSR400を一日レンタルしたりして気分転換してます。

 

 

TMAXの不満は特になかったはずですが、最近思うのは、

 

  1. 取り回しが重いので、車庫入れに一苦労。
  2. 足付き性が悪く、シートに座ってつま先立ちなので、乗ったままバックしたり、足を着きながら移動したりが困難。立ちごけとの恐怖と常に隣り合わせ。(短足の宿命ですね)

 

SR400に試乗してみて、その車重以上に体感する軽さ、そして足付き性の良さ。

 

押したり引いたりは、チャリ並みに軽くて楽勝。

乗ったまま簡単にバックしたり、立ちごけとの恐怖とは無縁でした。

 

f:id:ztourer:20190423142512j:plain

ZZR400 某中古車店にて。

 

以前、バイクと免許と排気量について記事を書きましたが、

 

自分にとって一番取り扱いしやすいのは、中型バイクだということ気付いたからです。

 

見栄を張って大型に乗るのは、もうやめようかなと。

 

 

中型は取り回ししやすい…とはいっても、

実際に上の画像にある中古展示車のZZR400のシートに座ってみましたが、

 

400とは言うものの、重い…(笑)

 

もともと600CCのダウンサイジング版なので仕方ないですね。

 

 

f:id:ztourer:20190519220356j:plain

ネット上で、格安のマジェスティを発見。なんと、中古で5万8000円!

以前乗っていたTMAXと同じ色だし、これ欲しい。

 

…と考えているうちに、翌日には売れてしまいました。残念。

 

 

マジェスティって、僕が二輪免許取りたての頃に乗りたかったバイクの一つ。

 

1990年代後半、ビッグスクーターのカスタムブームがやってくる前のビクスクのイメージは、

 

ビッグスクーター = おっさんバイク

 

でした。ビクスクに乗りたくても、おっさんぽくて恥ずかしくて乗れない時代があったんです。

 

 

f:id:ztourer:20190519230055j:plain

マジェスティのシートに座って、実際に取り回ししてみたことがありますが、

 

軽っっっ!!!

 

TMAXとは比べものにならない軽さ。図体は大きくても、中身がスカスカというイメージでした。

これは取り回し楽勝だわ。

 

中年と言われる年代に突入した僕にとって、もう速さやパワーを追い求める時代は終わったことだし、

 

250CCのビッグスクーターにダウンサイジングすることで、幸せになれるのではないか?と思い始めました。

 

 

でも、そんな話をすると、

 

「物足りなくなりますよ!」

 

ツーリング仲間の兄貴に言われちゃいました。

 

確かに、他のバイクに乗り換えても、またTMAXに戻してしまうかも。

 

f:id:ztourer:20160315144156j:plain

エンジンパワーは十分以上、リッターバイクと一緒にツーリングできるオールラウンダーなスクーターであるTMAXは、稀有なバイクなのかもしれません。

 

f:id:ztourer:20190417145757j:plain

ツーリング中に雨に遭遇。

浮気心に揺れる僕を見て、TMAXは悲しくて泣いているようでした。