ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

新元号『令和』と、僕の思い

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20190401225200p:plain

本日、2019年(平成31年)4月1日、新元号が発表されました。

 

元号は、『令和(れいわ)』です。

 

 

官房長官が発表された瞬間、

 

「何??? れいわ? 令和か、令和ね、いいやん!」

 

と思っている自分がいました。

 

仕事中、ずっと新元号のことばかり考えていました。

頭の中で、何度も何度も

 

「令和、令和、令和、れいわ、れいわ、れいわ・・・。」

 

れいわという言葉の響きがとても良いと思いました。考えれば考えるほど、どんどん気に入っていきました。

 

 

昭和生まれの僕にとって、元号が変わるのは2度目。

平成に変わる時、僕はまだ小学生でした。

平成初期、学生時代を過ごし、そして社会人として出発して成長してきた平成の時代。

 

そして、来月1日から始まる令和の時代、

誰からも尊敬されるような生き方ができるように、僕も成長していきたいと思います。。

 

f:id:ztourer:20190401231411j:plain

安倍首相の言葉のように、

一人一人の日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め令和に決定した、とのことです。

 

日本という国は、それぞれの花を花を大きく咲かせることができる、開かれた社会であるということを、首相談話で再認識しました。

 

争いのない平和な日本になるように、令和の時代を歩んでいこうと思います。