ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

TMAXテールランプLED化2【リフレクター追加】

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20180610003319j:plain

 以前よりテールランプをLED化していましたが、今回はその改良版です。

ztourer.hatenablog.com

 前回LED化した時の記事をご参照ください。

LED化から1年3ヶ月ほど。概ね満足していたのですが、思ったほど明るく光らないし、後続車から追突されたりしないかいつも不安でした。

 

車体面積の小さいバイクにとって、ヘッドライトやテールランプの光は、『生命線』とも言える大切なパーツ。

対向車や後続車には多少迷惑かも知れませんが、少し眩しいくらいに明るく目立った方が、逆に安全で事故を減らせるのでは?と思います。

 

そこで、今回の改良を施すことにしました。

 

f:id:ztourer:20180610003215j:plain

前回の記事で紹介しているように、ヤフオクにて購入したTMAX1、2型専用のLEDテールランプユニット(基盤)を取り付けていました。

これは、出品者さんの完全なハンドメイド品(手作り)で、48発の広角型のLEDが並んでいます。

f:id:ztourer:20180610003229j:plain

48発もLEDが並んでいるので、相当な明るさなはずですが…。

f:id:ztourer:20180610003204j:plain

そのままテールレンズを取り付けてみて点灯比較した画像がこれ。

上がポジション、下がストップランプ点灯中。48発が一斉に点灯していても、LED球自体が小さいので、思ったほど明るくありません。

それに、テールレンズはライトスモークフィルムを施工しているので、さらに光の透過が弱くなります。

 

明るくテールを光らせるにはどうしたらいいか?と、色々と考えました。

 

ハイマウントストップランプのような、別体ユニットも考えましたが、

前方に信号待ちで停車していたレクサスのNXのストップランプを見てみると、ほんの僅かな面積にLEDがたった3発光っているだけ。なのに、めちゃくちゃ眩しく光っています。直視できないレベル(笑)。

 

サイズの大きいLED球が付いているようですが、よく見ると、LED球の周りにキラキラしたリフレクターが付いていて、これで光を増幅しているということがわかりました。

 

f:id:ztourer:20180610003433j:plain

そこで、LEDのメッキリフレクターを通販で取り寄せました。

 

いんすぱ工房ONLINE SHOP 

http://www.inspa-koubou.jp/product/2

 

↑こちらの『いんすぱ工房』さんというLED専門業者のオンラインショップで、リフレクターを注文しました。

一つ一つ基盤に貼り付けていきます。

f:id:ztourer:20180610003410j:plain

取り付け完了。フジツボみたいなリフレクターが整然と並んでいます。

最下段は、LED球の間隔が狭くて取り付けは省略しましたが、問題ないと思います。

リフレクターの材質は樹脂製ですので、そんなに重くはありません。

f:id:ztourer:20180610003330j:plain

ユニットをテールにセットすると、テールレンズがリフレクターに干渉する箇所が。

そこで、干渉する左右2ヶ所のリフレクターを撤去し、一部リフレクターはヤスリがけして干渉しないように加工。

見た目がちょっと良くないですが、テールレンズを付けると隠れるところなので気にしない(笑)。

f:id:ztourer:20180610003307j:plain

上がポジション、下がストップランプ点灯時。

点灯してみると、施工前と一目瞭然で大きく広く明るく光るようになりました。

 

f:id:ztourer:20180610003256j:plain

テールレンズを取り付けて見ると、ブレーキオンオフのメリハリもはっきりと確認できて、存在感のあるテールになりました。

f:id:ztourer:20180610230735j:plain

消灯時、ライトスモークのテールの中からキラキラと光るリフレクターがクールでカッコいい!

f:id:ztourer:20180610230757j:plain

夜間、斜めからの視認性も問題なし。安心して夜間走行ができるようになりました。