ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

LEDヘッドライト取付(fcl.製) インプレッション

スポンサーリンク


以前付けていた韓国製のLEDヘッドライトが壊れたので、

日本メーカー製で価格や評判の良いものを探していたところ、こちらのLEDヘッドライトを通販で購入しました。
インプレッションをどうぞ↓




【fcl.製】 LEDヘッドライト バイク用 H7キット

【fcl.製】 LEDヘッドライト バイク用 H4 Hi/Loキット


今回は、H7とH4のバルブを購入。とても分かりやすい日本語の取説が付属する。
こういったところが日本メーカーの安心出来るところだと思うし、
購入後のアフターが充実しているのは、
製品に自信がある証拠だと思う。(生産は中国のようだが、品質は全く問題なかった。)

冷却ファンではなく、放熱フィンが何枚も取り付けられているのが特長。
ただ、この放熱フィンがあるため、バルブ自体が結構大きくて重い。
TMAX2型に取り付けの際、フィンとバルブ取り付け部が接触するので、ちょっと加工が必要。


左右ともLEDバルブを取り付けてみた。

(画像右参照)H4バルブでのハイビーム時の明るさと照射範囲は、ハロゲンを凌駕してはるかに良くなり、
ロービーム時にカットラインもきちんと出るし、配光も明るさも見やすさも非常に優秀。
ネイキッドモデルのようなH4バルブで一灯式の車輌に最適だと思う。

LEDヘッドライトによくありがちな青白い光ではなくて、あえて若干黄色かかった光なので、様々な路面で運転がとてもしやすく感じるはず。


しかし、ロービーム時に中心部に影が出来てしまい、暗くなってしまう(画像左)。

これはTMAX2型での結果であり、当車種はもともとハロゲンで設計されているので、
LEDに変更するのは相性が良くないのかもしれない。
他の車種なら結果は変わる可能性が高いので、あくまでも参考にどうぞ。


信頼の日本メーカー製で、明るさ、光軸の正確さ、車検対応など、様々な面から見ても安心で、価格も一個6000円〜7000円台と良心的なので、迷っている方は検討価値ありです!