ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

ヘッドライト左右同時点灯化!

スポンサーリンク

中古で購入した当初から付いていた謎の配線。
その正体が、実はこれでした↓



左右同時点灯リレーキット Absolute(アブソリュート) TMAX(01〜07年)


なぜか接続されてなくて放置されている左右同時点灯リレーを繋いでみる。
左右同時点灯は上手く行くのでしょうか?



リレーにはこのようなヘッドライトのカプラーが付いていて、左右のヘッドライトを並列に繋ぐようになっている。

左右のライトのカプラーを繋ぎ変える。

接続が終わって、エンジン始動。そして、左右同時点灯成功!ついに両目開眼!
左右で色が違うのは、向かって右がハロゲン(ホワイトゴースト)、向かって左がLEDバルブのため。
(別記事で紹介した韓国製のロービーム側のLEDバルブがお亡くなりになって、取り急ぎハロゲンを入れています)
ちなみに色温度は、向かって右が5000ケルビン、左が6000ケルビンのとのこと。こうやって比較してみると、6000ケルビンって青白いのがよく分かる。
光軸をきちんと合わせて、実際に路上に出て走行してみた。

片側のみ点灯時と左右同時点灯時でロービーム同士の比較。
画像上が片側のみ点灯時、画像下が両側とも点灯時。2灯とも点灯すると全然違う!
明るさと照射範囲の広さは一目瞭然!
(これ、夜めちゃくちゃ運転しやすくなります!クルマのHID車を運転しているみたいな安心感があります。)


光軸調整後の比較。
上の画像がハイビーム、下がロービーム点灯時。
上方に漏れる光が気になるが、対向車を幻惑するような光は出ていないみたい。


ただ、左右同時点灯化するにあたって、ヘッドライトはLED化するのをおすすめします。
ハロゲンバルブを2灯同時点灯すると、どうやらアイドリング時の発電容量を超えてしまうそうです。


TMAXユーザーの方、左右同時点灯は絶対おすすめです!!!