ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

プラグ交換【NGKイリジウムプラグ】

スポンサーリンク


納車後から気になったのが、アイドリングが安定していないこと。
アイドリングが1000回転前後で不安定になっていて、そこからアクセルを回すと一息ついて回る状態。
アイドリングスクリューを回して、アイドリング回転数を1200〜1300回転に調整した。
アイドリングを安定させるため、以前乗っていた初代TMAXで使っていたNGKイリジウムプラグが残っていたので、
交換することにした。



しかし、1、2型TMAXは整備性悪すぎると思う。

プラグ交換には、これだけのカウルを外す必要がある。


カウルを外して、手を突っ込むとプラグにアクセスできる。

カウルを外すと、奥のほうに見えるシリンダーヘッド。

並列2気筒エンジン。対向バランサー内蔵で振動が少なく、快適な高速クルージングが出来る。


【プラグ交換後のインプレッション】
アイドリングは、ほぼ安定するようになった。
低回転からのアクセルレスポンスも良くなった。また、走行中の再加速時も、もたつくことがなく加速するようになった。
もともと強力なエンジンに、もう一回りパワーが乗った?ような感じ。



ちなみに、僕のTMAXは駆動系と排気系が逆車仕様になっていて、エンジンは6000回転で加速する。(以前乗っていた国内仕様TMAXは、なぜか5000回転で頭打ちだった。)
加速感と速度の伸びが国内仕様とはちょっと違っていて、これが本当のTMAXの実力?
また別記事でインプレッションできれば。