ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

【TMAX】マフラーカッターを取り付けた結果・・・?

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20170823164818j:plain

逆車ノーマルマフラーに交換されている愛車ですが、

マフラーエンドがちょっと寂しい感じだったので、マフラーカッターを取り付けてみようと思って通販でパーツを検索してみたところ、ワイズギア製の物がありました。

しかし、ちょっと高いし、あまりカッコ良くない(笑)

 

ネットで検索していたところ、ハワイさんのブログに、1型ノーマルマフラーにマフラーカッターを取り付けていらっしゃるのを発見!

Googleで、 ハワイさん/マフラーエンド で検索してみて下さい。参考にさせていただき、ありがとうございました。)

すぐにカー用品店に直行です。

 

f:id:ztourer:20170823155131j:plainオート○ックスで現物をチェックしてみます。

カー用品メーカーのSEIWA製で、型番はK346のブラッシュカッターSという製品。四輪車用のマフラーカッターです。

ハワイさんは、直径50mmの物を使用されていたようですが、これは51mm。1mmくらいならどうにかなるだろうと思い購入。1300円くらいでした。

f:id:ztourer:20170823160821j:plain

多少の加工が必要ですが、マフラーエンドキャップの裏側から取り付けることが出来ました。

f:id:ztourer:20170823162738j:plain

10cm程マフラーエンドが延長された感じです。裏側からしっかりと固定されます。

f:id:ztourer:20171108222040j:plain

ノーマルとの比較画像。真っ直ぐに伸びたマフラーエンドが迫力あります。

マフラーの出口径が大きくなったため、後方から見ると社外マフラーのようにも見えます。

f:id:ztourer:20171108222046j:plain

エンドに細く長く伸びたところを見ると、どことなくキャブトンマフラーみたいな感じ。

見た目は社外マフラーみたいになって満足です。

 

排気音は、アイドリング状態で『パスパス』といった音を出す感じになり、音量は多少大きいかなといったところです。音もキャブトンマフラーっぽいです。

空ぶかしした時は、『ババババッ』と音が大きく響く感じです。個人的に、なかなかいい音ではないかと思います。

巡航中は、ノーマルと音量は変わりません。大きくアクセルを開けて加速する時に、音量の大きさが増幅する感じです。

エンブレ時は、『ボボボ…』といった音が目立つのは気になるところです。


TMAX逆車マフラー 走行中音質確認(映像なし)

動画でご確認下さい。

ちなみに、マフラー交換ではないので、速くなったりパワーアップしたりとかはないです。見栄えと音の変化だけの自己満足です。

f:id:ztourer:20171006163622j:plain

スポーティメッシュ仕様のマフラーカッターがあったので、取り付けてみました。

f:id:ztourer:20171108214753j:plain

マフラーエンドから見えるメッシュが、社外マフラーっぽくてカッコ良くなりました。

 

スポーティメッシュ仕様は、内側のメッシュが上手い具合にパスパス音を軽減していて、全体的にマイルドな感じの音質になりました。

内側のメッシュと外筒の間にグラスウールを詰め込んで、排気音量を少し下げてみました。ジェントルな音質と、スポーティなシルエットの両立が出来て、非常に満足していたのですが・・・。

 

f:id:ztourer:20171025121358j:plain

ところが・・・事件発生です。

先日の佐賀関ツーリング中に、マフラーエンドが解けて脱落してしまいました。

幸いにも交通量の少ない道路で、後続車や歩行者等がいなくて良かったです。

f:id:ztourer:20171029163348j:plain

脱落したマフラーカッター。ボルトで5ヶ所止めてあったマフラーエンドキャップは樹脂製で、マフラーからの高温で全部解けてしまっています。

f:id:ztourer:20171029163403j:plain

マフラーからの熱と、排気の熱で溶けてしまったようです。

スポーティメッシュ仕様は、内側のメッシュ部の金属に排気ガスが当たるので、マフラーカッター自体の温度が高温になりやすいようです。

また、内側に詰めたグラスウールが排気ガスの通路を塞いでしまい、高温となったマフラーエンドが解けて脱落・・・という結果になりました。

 

スポーティメッシュ仕様は構造上、熱が伝わりやすいようです。

ハワイさんのように、直管構造のマフラーカッターの方が問題は起きなさそうです。

 

ということで、今はマフラーエンドキャップ無しで乗っています。

マフラーエンドキャップを取り寄せると、いくらするものなのか?

ヤマハのパーツカタログで調べてみると、5443円もするそうです。高っ!

中古品でヤフオクアップガレージで探してみても、エンドキャップのみは見当たらず、

中古のノーマルマフラーはあっても、商品代と送料で7000円~という状況。行きつけのバイクショップで取り寄せしてもらった方が安い…。

 

今度は、マフラーカッターとマフラー本体が直接干渉しないようにスペーサーで空間を設ける等の工夫をしてみたいと思います。

またこちらにUPします。

 

11月17日追記:

マフラーエンドキャップなしの状態でしばらく走っていましたが、見栄えはちょっと変な感じなので、マフラーエンドキャップを注文。

再びマフラーカッターを取り付けてみます。

今度は、溶けて脱落しないように対策をしてみました。

f:id:ztourer:20171117145632j:plain

エンドキャップとマフラー本体とのクリアランスを取るため、10mmのスペーサーを挟んで取り付けます。

これで、マフラー本体の熱でマフラーカッターが溶けることは防げるはず。

また、マフラーカッターはエンドキャップに耐熱接着剤でしっかりと固定させました。

 

f:id:ztourer:20171117150653j:plain

10mmのスペーサーを挟んでいるので、エンドキャップとマフラー本体の隙間が広く浮いているようで気になる…www。

f:id:ztourer:20171117150744j:plain

前回、スポーティメッシュ仕様のマフラーカッターは、熱の伝導が大きくて脱落の原因となったので、

直管のマフラーカッターに戻しました。突き出したマフラーエンドが自己満足です(笑)。

とりあえずテストランしてみました。インプレッションします。

 

スペーサーを挟んでマフラー本体とのクリアランスを取っているためか、パスパスといった排気音は軽減されており、回した時の音の大きさも、気になるほどではありませんでした。ノーマルとほとんど変わらない感じ。

 

また、このクリアランスのおかげで、マフラーカッターがさほど熱くなりません。素手で触れる程度の熱さなので、溶けて脱落という心配はなさそうです。

ただ、クリアランス10mmはちょっと広すぎたかも。

 

f:id:ztourer:20171124230036j:plain

どうしても隙間が気になるので、5mmのスペーサーに交換してみました。

それでも隙間はありますが、違和感はないと思います。

 

完全に自己満足のカスタムですが、ご参考にどうぞ。