ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

うどん自販機を求めて、長沢ガーデンツーリング

スポンサーリンク


軒下に自販機コーナーがあるのを発見!この中にあのうどん自販機が・・・

訪問日:2016年8月24日水曜日


山口県山口市国道2号線沿いにあるドライブイン、長沢ガーデン。

長沢ガーデンといえば、今はほとんど見かけないうどんそば自販機があるドライブインとして有名。
昭和の時代は色んな所でこういった軽食販売自販機があったそうだが、今ではほとんど見かけない。

どんなものなのかずっと気になっていたので、ちょっと行ってみた。
北九州から国道3号と関門トンネルと国道2号を経由し、片道3時間。
高速道経由だと、山口南ICを下りて防府方面へ数分走る。


長沢ガーデンに到着!本日の目的地はここ。

長沢ガーデンレストランと売店入口。板さんの店として、各種定食がある。
釜飯定食が美味しそうだったが、今回のメインは自販機うどんなので我慢。また次来た時に注文しよう。

あった!これがうどんそば自販機かー!
3台あり、左にはおにぎり等の自販機のようだが、当日は売り切れてしまったのか、何も販売されていなかった。

これがうどんの自販機。肉うどんと天ぷらそばが販売中。各300円と良心的な価格。
早速300円を投入し、ボタンを押して注文してみた。左下にあるお箸と一味唐辛子を取り出している間に、『ガシャ!』と音を立てて
うどんが取り出し口に出てきた。30秒もかからずに出来上がるとは、早い!

自販機から出てきた肉うどんだが、肝心な肉とかまぼことねぎは麺の下に沈んでいる。

器の下に入っている具をかき出して、肉うどんの完成。
で、早速いただいてみた。これは美味しい!インスタントラーメンかと思っていたのだが、全く違った。
麺は茹でた生麺で、肉は味がしっかりしみこんでいる。それに、ねぎは切ったばかりの新鮮な味がした。
この自販機で販売しているうどんは、即席麺ではなくてちゃんと調理されたものだった。
それに、カップ麺よりも早く出てくるし、美味しいし、なんて素晴らしいんだ。

テーブルでうどんを食べている時、うどん自販機目当てでやってきた人が数組いた。
長沢ガーデンの看板商品になっているようだ。


自販機には、全国に生き残る昭和レトロ自販機を採り上げた本の広告が貼ってあった。
売店で購入できるようだ。

自販機コーナーの横には、たこ焼きやポテトといった軽食が売っている。
うわさによると、ここのたこ焼きが美味しいのだとか。

うどんの後はソフトクリームで熱くなった体を冷やす。


こちらが大浴場の入口。入浴料は390円と良心的。
炎天下の中ずっと運転してきたので、温泉に入って疲れを癒して帰路につくことにした。

大浴場のロビー。赤いカーペット敷きになっているのが、なんとも昭和っぽい。
奥にあるUFOキャッチャーは、平成が始まって間もない頃にヒットした当時そのままの佇まいで、それもまた懐かしいし、天井のシーリングファンもレトロっぽさを感じる。
ただ、僕にとって昭和過ぎて逆に落着かない(笑)。僕が生まれた頃は、こんな感じの世の中だったのかーと思い知らされる。
マッサージチェアは、最新式が置いてあったのはちょっとミスマッチ?笑)

肝心な温泉だが、冷泉を加温しているとのこと。ちょっと熱めの湯船が、疲れを癒していく。
露天風呂はないが、窓から見る湖の景色はとてもよかった。
脱衣所のロッカーは100円で、お金は戻ってこないのも昭和レトロっぽい(笑)。100円くらい別にいいのさー。



温泉の休憩所は、このように座敷になっている。窓からは湖を見渡すことが出来る。
カラオケセットがあって、有料で歌うことができるようだ。

自販機だけでなくて、建物も施設も雰囲気も何もかもが昭和レトロ。
店内にあったエアコンでさえ、昭和の頃からずっと稼動しているようだったし(これが寒いくらいによく冷える)、ゲームコーナーの台も昔のまま。
狙って昭和レトロっぽくしているわけではないと思うが、当時そのままの状態をずっと維持しつづけていて、
それが40代以上の方には懐かしさを覚えるだろうし、若い世代の人には逆に新鮮に感じる。

結局、長沢ガーデンで2時間程ゆっくり過ごした。
売店でお土産を買って、のんびり一般道で帰った。
楽しいツーリングだった。