ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

東九州道工事の様子 椎田南IC〜豊前IC 2015年7月

スポンサーリンク

訪問日:2015年7月23日木曜日

東九州道最後の未開通区間である椎田南IC〜豊前IC間を取材してきた。


右が東九州道本線(工事中未開通)、中央が椎田南IC出入口(現在工事中)、左が国道10号(旧椎田道路)。
現在、椎田南ICは国道10号豊前市内方面からしか出入りできなくなっているが、この中央に見える出入り口が開通すると、築上町方面からも出入りできるようになる。おそらく現在は当ICは終点扱いのため、渋滞や混乱を防ぐためにこの出入り口交差点は閉鎖してあるものと見られる。
ちなみに椎田南ICは、北九州方面のみの出入可能のハーフインターとなっている。

工事中の椎田南IC出入り口交差点に看板が設置してあった。よく見ると、左方向が国道10号方面と示してあるのが分かる。

ここは、築上町の国道10号滝ノ本交差点。うどんウエストとローソンのそばの交差点。
もともと押しボタン式の信号機設置の小さな交差点だったが、椎田南IC供用開始とともに、右折レーンありの交差点に改修された。この交差点より椎田南ICにアクセスできるようになる。

ここは、最後まで用地買収に時間がかかったみかん農場。山肌は既に削られていた。

高架上より。みかん畑の山肌は削られ、工事開始直前だった。

ズームしてみる。下の方に見える工事車輌の大きさと比べると、かなりの高さの丘陵であることが分かる。
丘陵上にある小屋の壁には、強制収用反対の看板がかかっていた。

テレビの取材車が来ていて、ワゴン車の上に三脚を立てて工事の様子を撮影していた。他にも数名工事の様子を見に来る人がいて、この工事の動向は注目されている様子が伺える。

もう一ヶ所、用地買収に時間がかかった場所を訪れた。既に重機が入り、工事に入っていた。

すぐ近くで作業を見る。

大型重機で山肌を削っていく。

反対側より。

平成28年度末に開通予定とのこと。知人の話によれば、東九州道開通により別府までが本当にあっという間になったとのこと。今度、東九州道経由で宮崎を訪れてみようと思う。