ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

代車でGO平尾台ツーリング

スポンサーリンク

訪問日:2013年9月13日金曜日
9月の残暑が厳しい中、北九州市小倉南区にある平尾台にツーリングへ行った。

本日のお供はこちら。ホンダのリード100という原付二種スクーター。
愛車TMAXは現在車検に預けていて、代車として一時お借りしている。

シート下には、ジェットヘル1個と350ml缶が1個置ける小物スペースがある。底面がフラットでとても使いやすい。
また、ハンドル下には鍵付きのコンソールボックス、ヘッドライト下には買い物かごがあり、収納はとても充実している。

八幡西区から合馬峠を下ってくると、山間を走る九州自動車道が眼下に見える。

平尾台へのワインディングの途中より。晴れていれば、小倉市街まで見渡せる。

平尾台自然の郷より。平尾台の山々を見渡せる展望台と、芝生広場、スポーツ広場、キャンプ場とレストランや売店などの施設がある。入場は無料。

千仏鍾乳洞への道は、カルスト地形特有の風景が広がっている。
秋吉台ほどの規模はないが、北九州ツーリングのハイライトの一つ。(所々浮き砂があるので、二輪車は走行注意!)

今回は、マイナーな牡鹿鍾乳洞へ入ってみることに。
見学者は僕一人だけで、鍾乳洞は貸切状態だった(笑)。入洞料は一人500円。

垂直に下る鍾乳洞で、国内には2箇所しかないとのこと。30メートル下まで階段が続いている。
洞内は16℃くらいで、汗をかいた身には寒いくらいに感じる。

30メートル下より入口を見上げる。まるで地底探検しているようだ。こんな風景は、ほかの鍾乳洞では見ることはできない。

洞内は180メートルほど。このような天井の低い所を、頭上に気を付けながら歩いていく。
地底湖より湧き出る冷たい水が、左にある細い川を流れていく。
気軽に地底探検を楽しめたり、夏場は天然のクーラーで涼む事が出来るのでおすすめ。