ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

TMAXプラグ交換

スポンサーリンク

最近気になるのが、加速の鈍さ。信号ダッシュや追い越し時の加速が少し鈍いように感じる(体が慣れてしまった?)。既に走行距離が2万kmを越えているので、プラグ交換をしてみることにした。

 NGK 【TMAX用】CR7EIX イリジウムIXプラグ 1200

今回交換するのは、NGKイリジウムプラグ。通販サイトで一本1,700円くらいで購入(2013年6月現在)。これを2本交換する。(ちなみに型番は、【CR7EIX1200】です。)


サイドカバー、ラジエターグリルを取り外すと、ラジエター本体とシリンダーヘッドが見える。左下の黒くて長いものは、プラグのコード。年式によって、ラジエターに効率良く走行風を誘導するカウルが付いているものもある。

シリンダーヘッドを拡大。穴の中にプラグが見える。水冷エンジンなので、プラグは奥深くにある。走行中の水や泥はねで、エンジンは結構汚れる。

取り外したプラグ。焼け具合は問題なし。インジェクション車なので、混合気は最適な濃さに自動制御される。

こちらがNGKイリジウムプラグ。電極が細くなっているのが分かる。
細い電極の方が高性能だが、寿命は早い。寿命の長いイリジウム合金を電極に使うことで、高出力と長寿命を両立しているとのこと。

【インプレッション】
数km程試運転してみた。若干トルク感がアップして、街乗りしやすくなった。
まず、街乗りで常用する4000回転以下の低速域のアクセルレスポンスやトルク感が向上。低回転域の薄い混合気がしっかりと爆発している感じだ。今までゼロ加速は結構アクセルを回す必要があったが、わずかにアクセルを回すだけで、スルスルと加速し始める。エンジン始動性も良くなった感じ。ただし、ツーリング等で荷物を満載した場合は、わずかに変化を感じられる程度に留まる。
高回転域や50〜60km/hあたりからの再加速、上り坂での加速は、気持ち速くなったかな?という程度。峠を攻めたりカッ飛ばしたりする方は、さらにスポーツマフラーに交換した方が速いと思う。

プラグ自体の値段も安いし、まずはトライしてみる価値ありです。
 NGK 【TMAX用】CR7EIX イリジウムIXプラグ 1200