ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

11年半ぶりにバイク雑誌を購入

スポンサーリンク

久しぶり書店に立ち寄り、バイク雑誌コーナーを見ていた。
すると、かつての愛読誌『BIG MACHINE』誌があった。懐かしいなぁと思い手に取ってみると、なんと付録に柏秀樹氏のライテク講座収録のDVDが付いていた。思わず衝動買いしてしまった。


【年間購読】BIG MACHINE[送料無料]

最近の雑誌は、バイク誌に限らず付録がとても豪華だ。付録が欲しくて雑誌を買うという本末転倒な現象が起きている(僕もその一人です)。そうでもしないと雑誌は売れない時代とのこと。
付録DVDの内容は、製品版の紹介とライテク映像がわずかにあるだけ。うまく製品版DVD購入へ誘導しているなと思わせる内容だった(笑)…当たり前か。

それにしても、最後にバイク誌を購入したのは2001年のこと。それ以来雑誌は購入したことはない。インターネットが普及し、バイク情報やツーリング情報はネットで仕入れるようになり、雑誌は購入することはなくなった。

ネット上の情報はリアルタイムであり、実際に見たり体験したりした方の生のローカル情報がブログにアップされているので、情報との距離は雑誌よりも断然近くて参考になるものも多い。何よりもそのような情報がタダで手に入ることは大きい。
一方で、雑誌に載っている情報は『質』だ。プロライダーやメーカー担当者、雑誌編集者からの生の声とレビューは、インターネットサイト上では得られない質の高い情報だ。そして、掲載されている写真はリアルで迫力がある。紙での情報媒体は廃れていく運命だと思うが、専門誌の情報はお金を払った分だけ得られるものは大きい。

というわけで、最近バイク専門誌を読んでないなという方は、久しぶりにお金を出して買って読んでみては?ネットでは得られない満足感がそこに…。
【年間購読】BIG MACHINE[送料無料]