ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

デジカメ愛機紹介 OLYMPUS E-P1

スポンサーリンク

当ブログで撮影に使っている愛機を紹介。

オリンパスマイクロフォーサーズ第一号機、E−P1。
往年の名機、オリンパスPENをデジタル時代に復刻させて話題となった機種。そのクラシックな外観が注目されがちだが、レフ板を廃した小型軽量サイズながら、画質はしっかりとした一眼クオリティ。

背面は前面のクラシカルな雰囲気とは裏腹に、大型液晶ディスプレイと操作ボタンが整然と並んでいる。

今回新たに導入した交換レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6。
画角100度のワイドでシャープな写真が撮れる。
(実は、当ブログの2010年12月13日〜2010年12月20日までの記事の写真は、この広角レンズを使用していました。よろしければ過去の記事の作例も参照ください)

作例を何点かご紹介

ダム湖半にて。ダムの堰を中心に、周りの様子まで一枚の写真に収めることができる。

小高い山を撮影。空が広く奥行きのある写真になる。

峠道から見下ろす。左右だけでなく、上下も広角になる。