ちょっとそこまで

~何気なく撮った写真とバイクと旅の記憶~

ハイブリッド車の“エンジンの燃費”はどれくらい?

スポンサーリンク

f:id:ztourer:20200216193051p:plain
結論から言うとエンジンのみで走行した燃費は、リッターあたり約9kmとなる。(※個人調べのデータであり、公式なデータではありません・・)

ハイブリッド車がエンジンのみで走った場合の燃費はいくらだろうか?と疑問に思い、ドライブコンピューターのデータを基に、計算してみた。(こんなことわざわざ計算する奴は誰もいない?)


これは、トヨタアクアに搭載されているマルチインフォメーションディスプレイ(メーカーオプション)。燃費や走行距離の他、外気温等が表示される。

前回給油して699.2km走行。給油量は30.18リットル。ドライブコンピューター上の燃費は24.5と出ているが、満タン法で計算すると、ハイブリッド走行した場合は、1リッターあたり23.1キロとなる。

ここで注目したい数字は、上から4行目の“EV 60% 422.1km”。これはEV走行、つまりモーターのみ(エンジンは停止状態)での走行距離が422.1kmであることを指す。総走行距離699.2kmからEV走行した分の422.1kmを引くと、エンジンのみで走行した距離は277.1kmとなる。

これを消費したガソリン量30.18リットルで割るとエンジンのみで走行した燃費は、リッターあたり9.18kmとなる。

同クラスのガソリン車の実燃費がおよそ13キロ〜14キロくらいだったことを考えると、
ハイブリッド車がエンジンのみで走った場合の燃費は、通常のエンジン車よりも結構悪いということがわかった。

ハイブリッド車のエンジンは、走行の動力としてだけではなく、走行用バッテリーの充電およびバッテリーの暖気に使われる。減速エネルギーである程度充電しているのだが、走行用バッテリーを十分に充電するには、エンジンでの発電でないと間に合わないのだろう。

また、エアコンの暖房はエンジンの廃熱を利用するため、ある程度暖気されるまでエンジンは回転し続ける。

走行用のバッテリーという重量物を積んでいるため、燃費に対してマイナスとなることも考えなくてはならない。

このように、エンジンは走行の動力以外にすべき仕事が多い。ハイブリッド車のエンジンの燃費は、意外なほど悪いことがわかった。